医療・健康しずおか

「眼科相談早めに」疾病や治療を解説 浜松医科大公開講座(2017/6/25 08:15)
浜松医科大公開講座2017「からだも心も若々しく―伸ばそう健康寿命―」(浜松医科大、静岡新聞社・静岡放送主催、浜松ホトニクス、浜松PET診断センター協賛)の第3回講座が24日、浜松市中区のアクトシティ浜松で開かれた。同大眼科学講座の堀田喜裕…
心構えや対応法解説 三島で静岡がんセンター公開講座(2017/6/18 07:59)
静岡がんセンター公開講座2017「知って安心!がん医療」(静岡新聞社・静岡放送主催、スルガ銀行特別協賛)の第1回講座が17日、三島市民文化会館で開かれた。同センターの医師や看護師らががんにかかった時の心構えや対応法を解説した。約700人が聴…
胃がん内視鏡受診倍増 無料化で関心高まる 16年度、長泉(2017/6/9 08:17)
「がん検診受診率日本一」を目指してがん検診無料化に取り組む長泉町で、2016年度に胃がんの内視鏡検査を受けた人の人数が15年度に比べて倍増した。町担当者は「無料化でがん検診への関心が高まった」と話す。同町は16年度、70歳以上としていた無料…
女性医師の復職後押し 浜医大病院内センター本格始動(2017/6/8 09:04)
出産での離職や、育児と仕事の両立に悩む県内の女性医師の就業や復職を支援しようと浜松医科大付属病院に設置された「ふじのくに女性医師支援センター」が本格始動する。支援や復職に関する県内の病院や診療科の情報網を確立し、職場復帰やキャリア形成を後押…
救急患者高齢化進む 16年度、75歳以上53% 島田市民病院(2017/6/8 08:45)
島田市民病院はこのほど、2016年度に救急搬送された患者の情報に関する集計結果を公表した。75歳以上の患者の割合は53・0%で、5年前に比べて3・8ポイント増加し、同病院は「救急搬送される患者の高齢化が進んでいることがあらためて示された」と…
認知症患者の情報共有 手帳を作成 静岡県と県医師会(2017/6/7 08:00)
静岡県はこのほど、県医師会と協力し、認知症の人が希望する介護方法や症状の変化などを記録する認知症連携パス(ふじのくにささえあい手帳)を作成した。支援に必要な情報を一冊にまとめて医療・介護関係者と共有することで、より細やかな対応を可能にする。…
がんのおかげで「生」考えた 樹木さん沼津で講演(2017/6/6 08:27)
静岡県作業療法士会は4日、女優の樹木希林さん(74)を招き、市民向けの公開講座「死を意識することで、輝くいのち(生命)」(静岡新聞社・静岡放送後援)を沼津市大手町のプラサヴェルデで開いた。約900人が聴講した。樹木さんは2003年に乳がんと…
健康的な”食”大切さ指摘 静岡、シェフ斎藤さんが講演(2017/6/5 08:27)
SBS静岡健康増進センターの本年度公開講座「聞いてなるほど!いきいきライフ-こころとからだを健やかに」(同センター、静岡新聞社・静岡放送主催)が4日、静岡市葵区のしずぎんホール「ユーフォニア」で開かれた。全5回講座の初回は、静岡旬香亭(同区…
MRI 診断技術普及へ補助器具を開発 焼津市立総合病院(2017/6/3 08:58)
焼津市立総合病院はこのほど、MRI(磁気共鳴画像装置)を使った画像診断技術「DWIBS法」に対応した補助器具を、医療機器関連企業のメディカルエキスパート(東京)と共同開発した。既存のMRI機器に取り付けて使用でき、がんの早期発見や転移検索に…
島田市民病院 12月末で分娩一時休止 市、産科医派遣要請へ(2017/6/3 07:06)
島田市は2日、市民病院(同市野田)の産婦人科常勤医が2018年3月末で退職することになったため、17年12月末で分娩(ぶんべん)を一時休止すると発表した。現時点で新たな常勤医は確保できていないという。市によると、18年1月以降の分娩はすでに…

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト