医療・健康 全国

カードで労働時間管理わずか5% 大学病院の勤務医 (2018/2/19 02:00)
労働組合「全国医師ユニオン」が医療機関の勤務医に実施したアンケートで「(労働時間が)タイムカードなどで客観的に管理されている」と答えた大学病院の医師はわずか5・5%だったことが18日、分かった。民間病院と比べて大幅に低い上、「管理なし」と答…
認知症国際アジア会議の初会合 石川・加賀(2018/2/17 17:08)
最先端の認知症予防とケアについて議論する「認知症国際アジア会議」の初会合が17日、石川県加賀市で始まった。認知症対策は、医療や介護などの専門職による早期支援が鍵になると言われており、日本をはじめアジア各国の専門家が早期発見や支援のためにどの…
受動喫煙違反に罰則50万円 100平方メートル以下は例外(2018/2/17 02:00)
受動喫煙対策を強化するための健康増進法改正案の全容が16日、明らかになった。違反した飲食店や喫煙者には罰則を設けて厳しく対応する方針で、灰皿を撤去しないなど対策を怠った施設管理者には最大50万円の過料を科す。飲食店は原則禁煙とし、資本金5千…
厚労省、医師の負担軽減策実施へ 患者説明など業務移管(2018/2/16 21:51)
厚生労働省の有識者検討会は16日、医師の負担軽減に向け、患者への説明など一部の業務を他の職種に任せるタスク・シフティング(業務移管)の推進を柱とした緊急対策をまとめた。同省は月内にも、この対策を医師会や病院団体に通知し、医療現場での実施を求…
腹腔鏡を開腹と報酬請求、埼玉 基準満たさず、草加市立病院(2018/2/16 20:45)
埼玉県の草加市立病院は16日、2012年以降に実施した子宮がんの腹腔鏡手術69件について、医師の配置など保険適用に必要な国の基準を満たしていなかったため、開腹手術として診療報酬請求していたと発表した。請求額は計約1億円で、返還を検討するとと…
インフル大流行続く 患者数は前週下回る(2018/2/16 17:42)
厚生労働省は16日、全国の定点医療機関から11日までの1週間に報告されたインフルエンザ患者数は、1医療機関当たり45・38人だったと発表した。過去最多だった前週の54・33人を下回ったが、大流行していることを示す「警報」レベルの30人を上回…
がん手術後、70代男性死亡 日大歯学部病院(2018/2/16 12:11)
日大歯学部付属歯科病院(東京都千代田区)で昨年9月、がんの手術を受けた70代の男性が、手術後に容体が急変して死亡していたことが16日、捜査関係者や同院への取材で分かった。警視庁神田署が手術や術後の対応などにミスがなかったか、経緯を慎重に調べ…
がん遺伝子検査、先進医療へ 厚労省部会が了承(2018/2/15 20:25)
厚生労働省の審査部会は15日、がんに関連した114種類の遺伝子の変異を一度に調べられる検査法について「先進医療」に指定することを条件付きで了承した。遺伝子を調べて最適な治療法を選ぶ「がんゲノム医療」の中核となる技術で、上部部会の審議を経て4…
インフル大流行長引く恐れ 3週連続で最多更新、A香港型も(2018/2/15 09:34)
1週間に報告されるインフルエンザ患者数が1999年の調査開始以来、3週連続で最多を更新するなど、過去に例のない大流行が続いている。中国や欧州でも拡大しているB型ウイルスへの感染が多いのが特徴だが、最近は米国で広まっているA香港型ウイルスの検…
がんゲノム医療に11拠点選定 遺伝子調べ、治療を選択(2018/2/14 21:10)
がん患者の遺伝子を調べて最適な薬や治療法を選ぶ「がんゲノム医療」を全国的に実施するため、厚生労働省の検討会は14日、中心的な役割を果たす中核拠点病院に北海道大病院や国立がん研究センター中央病院など11施設を選定した。技術面で要となる遺伝子を…

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト