医療・健康 全国

血糖値測定レンズの開発「停止」 グーグル系医療関連会社(2018/11/17 06:51)
【ニューヨーク共同】米グーグルの持ち株会社アルファベット傘下の医療関連会社、ベリリー・ライフ・サイエンスは16日、血糖値を常時測定できるコンタクトレンズの開発停止を決めたと発表した。糖尿病の患者向けに2014年から研究開発を続けていたが、早…
米「メンソールたばこ」禁止方針 FDA「電子たばこ」も対策強化(2018/11/17 06:45)
【ワシントン共同】米食品医薬品局(FDA)のゴットリーブ局長は16日までに、メンソールなどの風味が付いたたばこの販売禁止を目指す方針を明らかにした。法整備が必要なため時間がかかるとみられ、たばこ産業の反発も必至だが、実現すれば健康対策が大き…
エボラ輸入方針「根気よく説明」 厚労相、研究施設周辺住民へ(2018/11/16 11:58)
エボラ出血熱など危険な感染症の検査体制を強化するため国立感染症研究所村山庁舎(東京都武蔵村山市)に原因ウイルスを輸入する方針について、根本匠厚生労働相は16日の閣議後の記者会見で「住民が懸念する気持ちも十分理解できる。丁寧に根気よく説明し理…
京大、iPS免疫細胞でがん抑制 マウスの実験で成功(2018/11/16 01:00)
人の人工多能性幹細胞(iPS細胞)から、効果的にがんを抑制できる免疫細胞「キラーT細胞」を作製し、マウスを使った実験でがんの進行を遅らせることに成功したと、京都大の金子新准教授(免疫再生治療学)のチームが15日付の米科学誌電子版に発表した。…
ヨウ素剤配布、子ども重点に 規制委が検討、被ばく防止(2018/11/15 19:03)
原発事故の際の甲状腺被ばくを防ぐ安定ヨウ素剤の事前配布の仕組みについて、原子力規制委員会が、被ばくの影響が大きい子どもへの配布に重点を置く方向で見直しを検討していることが15日分かった。現在は、緊急時の配布が難しい原発半径5キロ圏の全住民に…
感染研、エボラ熱検査体制強化へ 検査用ウイルス輸入を提示(2018/11/15 16:34)
訪日外国人客の増加で、エボラ出血熱など致死率の高い感染症の患者が入国する可能性が高まるとして、国立感染症研究所は15日、検査体制を強化するため、5種類の感染症の原因ウイルスを輸入する意向を表明した。国内に存在しないウイルスで、計画的に輸入し…
検診でがん見落とし、他に5人か 東京・杉並区の民間病院(2018/11/15 11:41)
東京都杉並区の河北健診クリニックが検診で胸部エックス線検査をした肺がんを見落とし、40代女性が死亡した問題で、区は15日、このクリニックで同様の検診を受けて精密検査の必要なしとされた人を再確認した結果、70代の男性2人が肺がんと診断され、6…
薬価2年連続下げへ、厚労省方針 来年10月、政府内に前倒し論も(2018/11/14 19:31)
厚生労働省は14日、中央社会保険医療協議会(中医協)を開き、薬の公定価格である薬価を来年10月に引き下げる方針をまとめた。本年度に続き2年連続の下げとなり、医療費抑制につながる。前倒しして引き下げればその分効果が高くなるため、時期を巡っては…
iPS高速選別、装置開発 パーキンソン病治療へ(2018/11/14 13:42)
人の人工多能性幹細胞(iPS細胞)から作った神経細胞をパーキンソン病患者に移植して治療する研究を京都大チームと協力して進めている大日本住友製薬が、移植に適した神経細胞を高速で選別できる装置を開発したことが14日分かった。大量の細胞が必要にな…
iPS脊髄治療、慶応大が申請へ 世界初、来年実施目指す(2018/11/13 22:49)
人工多能性幹細胞(iPS細胞)から作製した神経幹細胞を移植して脊髄損傷の患者の治療を目指す慶応大の臨床研究計画を、大学の審査委員会が13日、大筋で了承した。関係者が明らかにした。学内の正式な承認手続きを経て研究チームは近く国に申請し、認めら…

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト