医療・健康 全国

iPS高速選別、装置開発 パーキンソン病治療へ(2018/11/14 11:07)
人の人工多能性幹細胞(iPS細胞)から作った神経細胞をパーキンソン病患者の脳内に移植して治療する研究を京都大チームと協力して進めている大日本住友製薬が、移植に適した神経細胞を高速で選別できる装置を開発したことが14日分かった。同社は、移植す…
iPS脊髄治療、慶応大が申請へ 世界初、来年実施目指す(2018/11/13 22:49)
人工多能性幹細胞(iPS細胞)から作製した神経幹細胞を移植して脊髄損傷の患者の治療を目指す慶応大の臨床研究計画を、大学の審査委員会が13日、大筋で了承した。関係者が明らかにした。学内の正式な承認手続きを経て研究チームは近く国に申請し、認めら…
公的保険適用1件、性同一性障害 制度機能せず、国外手術へ(2018/11/13 19:47)
心と体の性が一致しない性同一性障害(GID)の人が受ける性別適合手術に4月から公的医療保険の適用が認められたにもかかわらず、性器の除去と形成をする手術については、保険適用の事例が半年で1件にとどまることが13日、GID学会認定病院への取材で…
島根大病院「深くおわび」 被害者カルテ不適切閲覧(2018/11/13 19:02)
島根大病院(島根県出雲市)で今月、多数の医療関係者が業務と関係ないのに、搬送された殺人事件被害者の電子カルテを閲覧していた問題で同病院は13日、記者会見し「興味本位の閲覧があった。深くおわびする」と謝罪した。今後、遺族にも直接謝罪するという…
梅毒患者5811人、最多に この20年で(2018/11/13 11:05)
国立感染症研究所は13日、主に性的接触でうつる梅毒の今年の患者報告数が5811人になったと発表した。昨年の速報値5770人を超え、現在の方法で集計を始めた1999年以来で最多の年になることは確実。放置すると最終的には脳や心臓に合併症を起こし…
医師の結核が患者に感染か、東京 日本医科大病院で11人陽性反応(2018/11/12 21:49)
日本医科大病院(東京)は12日、肺結核を発症した医師の診療を受けた患者11人から結核の陽性反応が出た、と発表した。発症した患者はいないという。医師から感染した可能性があり、病院は他にも感染した患者がいないか調べている。病院によると、結核を発…
抗生物質の使用量、14倍の格差 65カ国・地域調査でWHO(2018/11/12 18:46)
【ジュネーブ共同】世界保健機関(WHO)は12日、世界的に乱用や過剰摂取が問題になっている抗生物質(抗菌薬)の使用量に関する初の報告書を発表した。65カ国・地域の調査で、2015~16年に千人当たりの1日使用量(DDD)が最も多かったのはモ…
がん患者移住の可能性探るシンポ 鹿児島・徳之島で(2018/11/10 20:21)
鹿児島・徳之島の伊仙町で10日、がん患者の緩和ケアに取り組む順天堂大医学部の樋野興夫教授らが参加するシンポジウムが開かれ、患者らが離島に移り住み、心身の回復を図る医療の可能性などについて議論した。町も島内の医療機関と連携し、受け入れ態勢を整…
パーキンソン病患者にiPS移植 脳に神経細胞、京大が世界初治験(2018/11/9 20:03)
京都大の高橋淳教授らのチームは9日、人の人工多能性幹細胞(iPS細胞)から神経細胞を作り、パーキンソン病患者の脳内に移植する治験の1例目を50代の男性患者に実施したと発表した。iPS細胞を使った再生医療はさまざまな疾患で計画され、京大による…
中国からアフリカ豚コレラ 旅行客のギョーザに(2018/11/9 19:01)
農林水産省は9日、中国の上海から羽田空港に到着した旅行客が持ち込もうとしたギョーザから、アフリカ豚コレラの陽性反応が出たと発表した。旅行客によるアフリカ豚コレラの持ち込みは2例目で、水際での防疫を徹底する。農水省によると、旅行客が持ち込もう…

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト