第5章 始まりは学びから(5・完) 子ども知る 教師の原点(2018/6/10 13:04)
廊下に張り出された自己紹介カードは、生徒の個性がにじみ出ていた。「家が遠いけれど頑張って自転車で来るんですよ」「この子はようやく学校に慣れてきたかな」。県立袋井特別支援学校磐田見付分校の山村仁副校長(48)は一人一人の成長をわが子のことのよ…
序章 治療の現場で(5・完) 28歳学び、向き合う(2018/1/13 14:04)
「向き合う」「付き合う」-。てんかんの本やパンフレットには、患者へ向けたこんな文言が並ぶ。国立病院機構静岡てんかん・神経医療センター(静岡市葵区)で治療を受ける川崎祐太さん(28)=東京都町田市=はこの言葉の意味をかみしめながら語った。「僕…
第1章 車社会とのはざまで(5・完) 運転再開 克服への一歩(2018/2/12 14:04)
静岡市に住む主婦(47)にとって待ちに待った日がやって来た。2016年8月25日。最後の発作から丸2年。この間、服薬を怠らず、発作が出なかったことにほっとする一日一日を重ねた。「やっと運転できる」8年前、夕食後に夫(47)と話している最中に…
第2章 働きたい(5・完) 偏見と排除、雇用で打破(2018/3/24 13:04)
日本軽金属グループ技術センター(静岡市清水区)の一室。デスクが整然と並ぶ部屋の一角で、望月洋希さん(29)=同区=が同僚と楽しそうに話していた。部屋の中にはパソコンに向かって仕事を進める社員らが10人ほど。誰も気にしていないし、忘れてしまっ…
第3章 結婚、妊娠、出産…(5・完) 産んでもいい 一筋の光(2018/5/15 17:35)
足取りも軽く診察室を後にした。一刻も早く、家族に連絡しなきゃ。子どもが生まれたら、親子3人でディズニーランドに行きたい―。希望が膨らんだ。5月2日。国立病院機構静岡てんかん・神経医療センター(静岡市葵区)の山崎悦子医師(48)から告げられた…
第4章 家族とともに(5・完) 変わらぬ父 背中で応援(2018/5/26 13:04)
「早う、家に彼女を連れて来んか」「嫌だよ。部屋散らかってるし」。錦江湾を間近に臨む鹿児島市の公園。親子は芝生に座り込んで他愛ない会話を楽しんでいた。ふいに父親が真顔になった。「てんかんだからって、何も恥じることはなか。堂々と生きたらよか」。…
第5章 始まりは学びから(5・完) 子ども知る 教師の原点(2018/6/10 13:04)
廊下に張り出された自己紹介カードは、生徒の個性がにじみ出ていた。「家が遠いけれど頑張って自転車で来るんですよ」「この子はようやく学校に慣れてきたかな」。県立袋井特別支援学校磐田見付分校の山村仁副校長(48)は一人一人の成長をわが子のことのよ…

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト