無知の知 「てんかん」という現実 第2章

第2章 働きたい(5・完) 偏見と排除、雇用で打破(2018/3/24 13:04)
日本軽金属グループ技術センター(静岡市清水区)の一室。デスクが整然と並ぶ部屋の一角で、望月洋希さん(29)=同区=が同僚と楽しそうに話していた。部屋の中にはパソコンに向かって仕事を進める社員らが10人ほど。誰も気にしていないし、忘れてしまっ…
第2章 働きたい(4) 商売の道、経験糧に開く(2018/3/24 13:03)
湖西市の和服のネット販売会社「都泉」。配送する商品が積み上げられた事務所で、社長の鈴木秀幸さん(54)がパート従業員の男性に笑顔で話しかけた。「今日帰ったら何食べる?」「パンですかね、あんこ好きなんで」穏やかな空気が流れていた。精神障害を抱…
第2章 働きたい(3) 寛容な職場、手帳に望み(2018/3/24 13:02)
千葉県に住む女性(48)は3年前、交付されたばかりの緑色の手帳をぼんやりと開いた。自分の写真が目に飛び込んできた。「精神障害者だったんだ」。受け入れるしかなかった。幼い頃からてんかんを抱える女性にとって働き続けるための選択だった。「針をなく…
第2章 働きたい(2) 会社に絶望 失った“光”(2018/3/24 13:01)
「昼休みに社外に出ないことになっている。1人を許すと他の人に示しがつかなくなる」。岐阜県の女性(31)は2017年11月、同じ自動車部品会社に勤める夫(33)の給料明細に添えられたメモを見て、がく然とした。女性がてんかんの治療から仕事に復帰…
第2章 働きたい(1) 職転々、苦悩の末に好機(2018/3/24 13:00)
人が自立した生活を送る上で不可欠な「就労」。近年は障害者雇用促進法が整備されるなど、障害者全般に対する社会的な理解が深まっているものの、てんかん患者への“冷遇”は依然として根深いという。ただ一方で、企業などでは患者を…

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト