浜岡原発の50年

浜岡原発の50年(5・完)完共存共栄(2017/9/27 11:00)
■改めて問われる意味「生まれた時から浜岡原発はある。特別に何かを感じることはない」。9月上旬、御前崎市商工会の一室。青年部のメンバー数人のうち一人が、向き合う中部電力の社員に淡々と答えた。中電が浜岡原発や中電の活動に対する意見や要望を聞きた…
浜岡原発の50年(4)安全対策(2017/9/26 11:00)
■評価の半面運用課題防護マスクをはめた作業員の男性が、配管の溶接箇所に特殊なスプレーを吹き付けた。別の男性が、1カ所ずつ念入りに点検した。死角や暗い箇所も確認できるよう、手には鏡とライト。9月下旬、中部電力浜岡原発(御前崎市佐倉)の新緊急時…
浜岡原発の50年(3)エネルギー教育(2017/9/25 11:30)
■福島機に学びの機運生徒たちが、手元のタブレットに数字を入力した。妥当かどうかを判断するチェック項目の欄が×と表示されると考え込み、○になると、うれしそうな表情を見せた。9月中旬、御前崎市立浜岡中。2年生が技術で「静岡県内に発電…
浜岡原発の50年(2)恩恵と課題(2017/9/24 11:00)
■交付金町の発展左右「3、4号機の辺りだったかな。きれいな池があってずいぶん泳いだ。キツネもよく鳴いていた」。9月初旬、御前崎市役所2階の市長応接室。市長の柳沢重夫(70)は来客に少年時代のエピソードを冗舌に語った。会話の相手は中部電力浜岡…
浜岡原発の50年(1)運命の始まり(2017/9/23 11:00)
■不安、苦労、涙の立地異色コンビが日夜交渉半紙ほどの紙に、まちの運命を決する文が書かれていた。「土地の買収価格、補償その他の条件が充(み)たされるにおいてはこれを受け入れる用意がある」―。50年前の1967年9月28日、旧浜岡町(現御前崎市…

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト