ソノ仕事×コノ絶景

<パティシエ>キャトルエピス富士店(富士市)(2017/12/18 11:00)
「1品目はあいさつ代わりのボンボンショコラです。一口でどうぞ」。パティシエの藁科雅喜さん(46)に促され、カウンターの客が小さな菓子を口に運んだ。ホワイトチョコレートのカップの中に、2種類のかんきつで作ったジュレ。口の中にしゅわっと広がる爽…
<マスターブレンダー>キリンディスティラリー 富士御殿場蒸溜所(御殿場市)(2017/12/4 11:20)
棚を埋める世界の洋酒は、おおよその味が頭に入っている。御殿場市郊外にあるウイスキー工場「キリンディスティラリー富士御殿場蒸溜[じょうりゅう]所」。ブレンダー(調合)室の円卓に、熟成庫のたるから採取した原酒のサンプルが輪を描いて並ぶ。「世界最…
<写真家>フォトスタジオピース(静岡市葵区)(2017/11/20 11:00)
無数のフラッシュに目がくらむ。「もっと頭のねじを外して!」。“監督”のげきが飛ぶ。静岡市葵区新間の閑静な住宅街の一角にある建築現場。写真家杉山雅彦さん(45)=同区=が、工務店の社員約30人の撮影会を繰り広げていた。…
<改造車製造主任>坪井特殊車体(焼津市)(2017/11/6 11:00)
横一列に並ぶ救助工作車、ステージカー、積み降ろし作業車-。坪井特殊車体(焼津市)の工場は、重量感を備えた改造車が、それぞれの機能を見せつけるように完成を待つ。組み立て真っ最中のトラックは、ゴルフツアーを巡るプロチームのスタッフ車両だ。車台に…
<デザイナー>カクタスデザイン(静岡市葵区)(2017/10/30 11:00)
「パソコンは単なる道具にすぎない。自分の手を動かすのがモットー」と話すデザイナーの黒住政雄さん(58)。手を伸ばす先には、カラフルな柄が印刷された紙の束。はさみで切ってのり付けし、器用に成形すると、市内にある漆職人の工房に持ち込んだ。幾何学…
<靴磨き職人>Y’s Shoeshine(静岡市葵区)(2017/10/16 11:30)
夜も人通りが絶えない、静岡市葵区の伝馬町周辺。黒、茶、暗紅…、色とりどりの革靴が路面に並べられている。街灯の明かりを吸い、艶めいて輝く。律義にネクタイを締めた靴磨き職人杉村祐太さん(27)=三島市=。「集中すると、周りの音が耳…
<木製模型設計者>ウッディージョー(静岡市駿河区)(2017/10/2 11:05)
パソコンの画面に映し出されたのは、3Dで描かれた国宝姫路城の木製模型の設計図。マウスで回転させ、手元で組み立てている試作品と見比べる。「建物には、必ず美しく見えるポイントがある。模型でも同じ視点から美を再現したい」。木製模型メーカー、ウッデ…
<二輪車指導員>ヤマハテクニカルセンター(掛川市)(2017/9/18 11:00)
ぎこちない操作でバイクを運転する生徒に優しく声を掛ける。二輪車教習所ヤマハテクニカルセンター(掛川市)の指導員藤原儀彦さん(50)は日本を代表する元レーシングライダー。最高時速350キロで駆け抜けるサーキットから教習所へ移って5年目になる。…
<青果店店主>REFS(沼津、熱海市)(2017/9/4 11:00)
狩野川の堤防沿いに広がる三島市御園の畑。背丈よりやや低いアカオクラには、紫色の大きな実がなっている。沼津市と熱海市で無農薬、無化学肥料の青果店「REFS(レフズ)」を営む小松浩二さん(37)は、生産者の小林貢さん(66)に勧められ、生のまま…
<和楽器商> 彦坂琴三味線店(浜松市中区)(2017/8/21 11:00)
JR浜松駅の程近く。彦坂琴三味線店の二代目、彦坂誠さん(53)が琴の弦を手際良く張っていく。弦の長さは、約180センチある琴の2倍近い。「締め棒」に巻き付け、ぎゅっと引っ張る。「糸締め」は音を決める大事な作業だ。13本ある弦はそれぞれ張りの…

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト