小学校・小学生(教育・子育て)

浜岡原発、全小見学へ 御前崎市、自ら考える教育推進(2018/3/20 07:37)
エネルギー教育を進める御前崎市は2018年度から、市内の全5小学校を対象に中部電力浜岡原発(同市佐倉)を見学する取り組みを始める。東京電力福島第1原発事故を受けて独自に進めるエネルギー教育の一環。市教委によると、立地市の全小学校が原発施設に…
巣立ちの日、感謝胸に 静岡県内の小学校で卒業式(2018/3/15 17:07)
静岡県内の公立小学校で15日、2017年度卒業式の挙行が始まった。同日は藤枝市の5小学校と島田市の1小学校が実施。門出の日を迎えた卒業生は6年間の成長を見守った保護者や恩師、友人への感謝を胸に中学校生活に期待を膨らませた。藤枝市岡部町新舟の…
英語教育に地域人材活用 静岡、小学校に「GET」配置へ(2018/2/17 07:51)
静岡市は国際社会で通用する能力やグローバルな視点を持ち、地域社会で活躍する「グローカル人材」の育成を目指し、2018年度から市立小に英語が堪能な地域人材をGET(グローカル・イングリッシュ・ティーチャー)として配置する。担任とともに英語の授…
小学校教員「忙しすぎ」 常葉大教職大学院が全県調査(2018/2/15 17:00)
静岡県内小学校教員の約9割が日常の仕事を「忙しすぎる」と捉え、一般教諭の5割近くと校長や教頭ら管理職の3割が「教師を辞めたい」と感じたことがあることが15日までに、常葉大教職大学院の紅林伸幸教授らが県内公立小の全教員を対象に実施した調査で分…
学童保育に普通教室の活用検討 浜松市、待機児童対策(2018/2/1 07:47)
保育園に続いて放課後児童会(学童保育)で起きている「第2の待機児童問題」で、浜松市は31日までに、対策の一環として小学校の普通教室の活用を検討する方針を固めた。2018年度当初予算案に約1200万円の関連事業費を計上。モデル校を選定して必要…
児童発“夢の相良ツアー” 自慢の古里を案内(2018/1/30 17:15)
牧之原市立相良小の児童が、総合学習の一環としてクラスごとに地域の魅力を発信するさまざまな活動に臨んでいる。ご当地弁当を考案したり、CMづくりを試みたり-。市や市商工会、地元商店街などの協力で思いを形に実現。5年生のクラスは2月8日、市内外の…
児童に護身術伝授「あぶトレ!」 静岡県内で開催広がる(2018/1/19 08:47)
NPO法人静岡県防犯アドバイザー協会が静岡県内の小学校で2015年度から続ける防犯教室「あぶトレ!」が、開催実績を伸ばしている。養成したボランティア講師は年度内に300人を超える見通しだが、講師の高齢化もあり、人材発掘は道半ば。関係者が静岡…
ネットの影響、医学生が児童に解説 御前崎・第一小で健康講座(2018/1/13 09:24)
浜松市の浜松医科大地域家庭医療学講座は12日、御前崎市立第一小で健康教育プロジェクトを行った。同大の学生らが、5年生102人にインターネットやゲームが生活リズムに与える影響や健康的な利用方法を教えた。学生には学校現場での健康上の課題に、小学…
ホタル舞う地域復活を 浜松の小学5年生、幼虫放つ(2017/12/2 09:15)
浜松市東区の市立中郡小の5年生が1日、「くじら池」と呼ばれる校内に整備された池にヘイケボタルの幼虫約300匹を放した。地域の自然環境を学び、ホタルが飛び交う光景を復活させ、地元を大切にする心を育むことが目的。同校周辺ではかつてホタルを観察で…
児童の力作681点並ぶ 静岡で読書感想画作品展(2017/11/1 08:50)
第35回県なつやすみ読書感想画コンクール(静岡新聞社・静岡放送主催)の作品展が31日、静岡市駿河区の県立美術館で始まった。5日まで。静岡県内小学生から寄せられた約1万5千点のうち、特別賞、金賞、銀賞などを受賞した計681点を展示。指定図書を…

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト