静岡経済

おせち商戦活況 静岡県内、単価上昇傾向(2018/12/12 17:02)
正月用おせち料理の注文が静岡県内百貨店や弁当・総菜チェーン店などで好調だ。景気の緩やかな回復に伴う所得環境の改善を背景に、単価はおおむね上昇傾向。地元食材の活用や少人数用、長期間の保存可能な冷凍おせちなど工夫を凝らした商品展開でライバル店と…
ヤマハ発、乗用車の事業化凍結 量産化、採算性に課題(2018/12/12 08:00)
ヤマハ発動機の日高祥博社長は11日、市場参入を目指してきた四輪の乗用車について、事業化の凍結を決めたことを明らかにした。量産化や採算面で困難だと判断した。「通常の普通乗用車の領域に入ることはいったんやめたい」と述べた。同日、都内で開いた20…
浜松ホトニクス、豊岡に新棟 電子管開発部署集約で建設(2018/12/12 07:52)
浜松ホトニクスは11日、磐田市下神増の豊岡製作所に新棟を建設すると発表した。同製作所内に分散していた開発部署などを集約し、電子管事業の基礎研究や要素技術の開発を強化する。2019年1月に着工し、20年8月の稼働を目指す。新棟は地上4階、地下…
静岡空港、中国・煙台へ新路線 週3便計画(2018/12/11 08:08)
中国東方航空の子会社で格安航空会社(LCC)の中国連合航空(本社・北京市)が、静岡空港と山東省・煙台を結ぶ新規航路を12月中にも就航させる計画があることが10日、関係者への取材で分かった。中国連合航空は22日の就航を目指して、国土交通省に認…
光で製造現場の事故防止 ホロライトが好評 浜松(2018/12/11 07:48)
光学機器メーカーのパイフォトニクス(浜松市東区)が開発したホロライトが、工場などの製造現場でフォークリフトやクレーンなどの危険を知らせる目印として活用されている。雪で隠れた道路の側線も光で示すなど多彩な用途に使われ、同社の売上高は2年連続で…
新規出店、続々計画 藤枝駅南口の「BiVi」(2018/12/10 17:00)
JR藤枝駅南口近くの複合商業施設・BiVi藤枝に新規出店が相次いで計画されていることが10日までに、関係者への取材で分かった。託児機能付きオフィススペースやコッペパン専門店などが入る見通し。藤枝市が中心市街地活性化の拠点施設と位置付けるBi…
クリ焼酎、今季も完成 甘くまろやか風味 掛川市民有志(2018/12/9 07:45)
掛川市特産のクリを全国にPRしようと市民有志のプロジェクトが製造するクリ焼酎「自ら(みずから・おのずから)」が今季も完成し、このほどJR掛川駅構内の地場産品販売所「これっしか処」で販売が始まった。クリは鬼皮の除去に手間がかかり、焼酎に使うメ…
遠藤さん(小山)最高金賞 50品種から日本一の米選ぶ 静岡(2018/12/9 07:40)
コメのおいしさを競う第15回お米日本一コンテストinしずおか(実行委主催)の最終審査会が7、8の両日、静岡市駿河区のグランシップで開かれ、小山町の遠藤博雄さん(69)が生産した「きぬむすめ」が6点選ばれる最高金賞に輝いた。37道府県から50…
県産食材PRに学生考案ランチ 浜松で静岡銀商談会(2018/12/8 07:48)
静岡銀行は7日、県産の農産物をテーマにした商談会「第15回しずぎん@gricom(アグリコム)」を浜松市中区の東海調理製菓専門学校研修レストラン「プティ・カザリス」で開いた。今回初めて学生と共同で企画した「ランチタイム商談会」では、学生が出…
街中の店を簡単検索 浜松にぎわい協、独自システム運用開始(2018/12/8 07:37)
浜松市の官民でつくる浜松まちなかにぎわい協議会が、スマートフォン向けの情報発信サービス「はままちコンシェル」の運用を始めた。無料通信アプリLINE(ライン)を応用して独自のシステムを構築。同市の中心市街地の店舗などを簡単に検索できるようにし…

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト