静岡経済

平成最後 献上茶手揉み 26年ぶり掛川市主催謹製事業(2018/4/23 07:48)
皇室への献上茶謹製記念式典が22日、掛川市生涯学習センターなどで開かれた。市献上茶謹製事業実行委員会(会長・松井三郎市長)が手揉(も)み式などを開き、献上茶を丁寧に仕上げた。市によると、同市主催の謹製事業は26年ぶり。記念式典で松井市長が「…
のっぽパン、アスルクラロ沼津仕様に 5月1日発売(2018/4/22 07:17)
今年で発売40周年を迎えた静岡の人気ご当地パン「のっぽパン」と、沼津市をホームタウンとするサッカーJリーグ3部(J3)アスルクラロ沼津がコラボした新パッケージののっぽパンが5月1日、発売される。8月中旬までの期間限定で、静岡県内のスーパーや…
浜名湖SA遊覧船開始 6年目、チャーター便は通年(2018/4/22 07:05)
NPO法人浜名湖観光地域づくり協議会は21日、東名高速道浜名湖サービスエリア(SA)=浜松市北区=を発着する遊覧船事業の本年度営業を開始した。11月25日までの土、日曜や大型連休を中心に、周辺の湖上を巡るコースが楽しめる。6年目の本年度はチ…
産学連携「アクトファスト」 浜松・フォトンバレーセンター導入(2018/4/21 07:46)
光・電子事業を支援する浜松地域イノベーション推進機構のフォトンバレーセンター(浜松市中区)は2018年度、大学の研究者らでつくるプロジェクトチームが企業の悩み、課題を解決して新製品の開発につなげる産業促進手法「アクトファスト」を導入する。静…
リノベで新名所計画 駿府城公園におでん店/用宗漁港に温泉施設(2018/4/21 07:08)
静岡市の新たな観光名所として期待される施設の計画が同市葵区と駿河区でそれぞれ進んでいることが20日、関係者への取材で分かった。ともに使われなくなった売店や加工場をリノベーション(既存物件の改修、再利用)する取り組みで、注目を集めそうだ。■静…
文化資源を活用、持続可能な観光模索 静岡でシンポ(2018/4/20 07:40)
静岡ツーリズムビューロー(TSJ)と県観光協会は19日、本県の文化資源を活用した持続可能な観光について考える「ライフツーリズム・フォーラムin静岡」を静岡市葵区のしずぎんホールユーフォニアで開いた。マーケティング・コンサルタントの谷口正和さ…
静岡県のワサビ栽培 FAO、世界農業遺産認定証を授与(2018/4/20 07:35)
【ローマ共同】国連食糧農業機関(FAO)は19日、ローマの本部で世界農業遺産国際フォーラムを開き、新たに同遺産に選ばれた本県の「静岡水わさびの伝統栽培」や宮城県大崎地域の稲作、徳島県西部の急傾斜地農耕について関係者に認定証を授与した。本県ワ…
分散化で選択肢拡大 大型連休の旅行予約、大詰め(2018/4/19 07:45)
今月下旬から始まる大型連休の旅行予約が大詰めを迎えている。県内に拠点を置く旅行会社によると、4月の3連休、5月の4連休と分散し、目的地や出発日の選択肢が広がった。海外では2泊や3泊で行ける近隣のアジア、国内の遠距離旅行が人気を集めたもようだ…
焼津港の17年水揚げ高、全国1位 数量減少も魚価が上昇(2018/4/19 07:42)
焼津港の2017年の水揚げ高は462億5400万円で、全国の主要漁港の中で最高だったことが18日までの焼津漁業協同組合のまとめで分かった。2番目は福岡漁港の450億1700万円。水揚げ量は前年に比べて減少したが、焼津港の主要魚種の冷凍カツオ…
新茶シーズン到来 静岡茶市場で初取引(2018/4/18 16:27)
新茶シーズンの到来を全国に告げる静岡茶市場(静岡市葵区)の「新茶初取引」が18日朝、行われた。県内産は昨年の7倍近い約1万4千キロの一番荒茶が上場し、今期の本格的な取引が幕を開けた。午前7時、開始ベルが鳴り響くと、売り手と買い手が値段交渉を…

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト