静岡経済

静岡市中央卸売市場、青果取扱が激減 安定供給に業者懸念も(2018/10/21 08:06)
静岡市中央卸売市場で本年度上半期の青果の取扱量が、前年度同期比24・4%減の約2万6500トンとなっていることが、20日までの市への取材で明らかになった。取扱額も同21・5%減の約66億円まで落ち込み、市場の縮小傾向に歯止めがかからない。減…
消費税率混在、静岡県内対応急ぐ 小売店に戸惑いや不安(2018/10/21 08:03)
2019年10月の消費税率10%への引き上げまで1年。同時に導入される軽減税率を含めた対応を静岡県内小売店は急ぐが、制度の複雑さもあり、レジや接客に混乱が生じないか、戸惑いや不安も広がっている。創業約百年の駄菓子・玩具問屋佐塚商店(静岡市葵…
静岡県内メーカー「体験」でアピール 楽器フェア開幕(2018/10/20 07:27)
国内最大の楽器総合イベント「2018楽器フェア」(日本楽器フェア協会主催)が19日、東京・有明の東京ビッグサイトで開幕した。少子化などで国内市場が伸び悩む中、県内メーカーは新規顧客の開拓を目指す独自製品を出品した。実際に楽器演奏を体験できる…
新作クリスタルグランドピアノ 河合楽器、1億円で販売(2018/10/20 07:27)
河合楽器製作所は19日、創立90周年を記念して新たに開発したクリスタルグランドピアノを発売した。現行モデルに改良を重ね、より高級感ある仕上がりを実現。価格は同社製品では最高の1億円(税抜き)を標準価格として、限定5台を受注販売する。新作ピア…
サクラエビ4割減 静岡県資源量調査、2016年比(2018/10/19 07:49)
静岡県水産技術研究所(焼津市)が9月に行ったサクラエビの資源量調査で、駿河湾中部に生息するサクラエビが推定約600~700トンと、同じ調査法を用いて推定量を算出した2016年から約4割減となり、減少傾向となっていることが18日までに分かった…
ハーモニカ消音器 鈴木楽器製作所「世界初の量産化」(2018/10/19 07:44)
教育楽器メーカーの鈴木楽器製作所(浜松市中区)が、10穴ハーモニカの音の大きさを8割低減できる消音器(サイレンサー)を開発し、国内で19日に発売する。同社によると、ハーモニカ専用サイレンサーの量産化は世界初。「忍SHINOBIX(シノビクス…
ナブテスコ、国内最大の生産拠点建設へ 浜松・都田(2018/10/18 08:13)
産業用ロボットの精密減速機を手掛ける機械メーカー「ナブテスコ」(本社・東京)と浜松市は17日、市が整備する同市北区の第三都田地区工場用地の最大区画を同社が取得すると発表した。製造業の自動化進展で需要が拡大する精密減速機の新工場を建設する。同…
観光振興で3地銀協定 静岡銀と横浜、山梨中央(2018/10/18 07:41)
静岡銀行は17日、地方創生の取り組みの一環として、横浜銀行、山梨中央銀行と富士・箱根・伊豆地域の観光振興に関する連携協定を結んだ。県境を越えて同地域を一体的に捉え、3行が経営資源を投入。それぞれが抱える観光関連の取引先のマッチング、互いの地…
熱海駅近くにホテル計画 プリンスホテル、着工時期は未定(2018/10/17 08:00)
熱海市のJR熱海駅近くの旧伊豆箱根バス熱海営業所跡地(同市春日町)に、プリンスホテル(東京都)がホテル開業を計画していることが16日、関係者への取材で分かった。観光業が堅調な同市に対する宿泊事業者の関心の高さを示す動きとして、注目を集めそう…
ヤマハ発と磐田市、公道で自動運転実験 6年後実用化目標(2018/10/17 07:45)
磐田市とヤマハ発動機は16日、2019年前半から2年間、同市内数カ所の公道で低速自動運転車両の走行実験を展開する方針を発表した。同社のゴルフカートをベースにした試験車両を使い、安全な自動走行に必要な技術開発や交通環境の検証を進める。日高祥博…

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト