静岡経済

事業承継支援、静岡県主導で 静岡で拡大会議(2018/1/16 07:52)
静岡市葵区で開幕した事業承継ネットワーク拡大会議は15日、全国の支援機関や行政関係者を交えた情報交換会と全体会議を開いた。静岡県の担当者が2018年度の支援体制を説明し、事業承継支援を担う地域事務局の運営を2月に静岡商工会議所から県産業振興…
カツオ 2018年初水揚げ 御前崎港(2018/1/15 17:01)
全国有数の生カツオの水揚げ量がある御前崎港で15日、今年初めて生カツオが水揚げされた。仲買人が威勢良く競り落とし、高値は1キロ2500円と例年の2倍以上の値を付けた。南駿河湾漁協所属の近海カツオ一本釣り船「第11福栄丸」(牧之原市)が、八丈…
中小企業の承継策協議 静岡で全国会議開幕(2018/1/15 17:00)
事業承継に携わる支援機関や行政の関係者が全国から集う「事業承継ネットワーク拡大会議」が15日午後、静岡市葵区の浮月楼で開幕した。16日までの日程で、後継者不在に起因する中小・小規模事業所の廃業を防ぎ、円滑な世代交代を促すための連携策を協議す…
食や花、静岡県の魅力発信 浜松で祭典、農芸品販売など多彩(2018/1/14 09:03)
静岡県内の食や花の文化をPRする「ふじのくに食と花の都の祭典」(静岡新聞社・静岡放送後援)が13日、浜松市中区のアクトシティ浜松で始まった。農芸品や加工品の販売、花の展覧会など多彩なイベントが開催されている。14日まで。食の分野では、静岡県…
天竜材、コンテナ船で単独輸出 ブランド確立へ始動 浜松(2018/1/14 08:00)
国際的な森林認証機関「森林管理協議会(FSC)」の認証を受けた天竜材の海外販路確立に向け、静岡県森林組合連合会(静岡県森連)は浜松市と連携して天竜材のコンテナ輸出を本格始動させる。第1弾として12日、清水港で台湾向けの木材の積み込み作業を行…
ウナギ稚魚が記録的不漁、前期の1% 静岡県内も困惑(2018/1/14 07:48)
絶滅危惧種ニホンウナギの稚魚シラスウナギが今期は極度の不漁で、国内外での漁獲量が前期の同じころと比べて1%程度と低迷していることが13日、複数の関係者の話で分かった。漁は4月ごろまで続くが、このまま推移すれば過去最低の漁獲量となりかねない。…
4カ月ぶり景気判断引き上げ 静岡県内1月、個人消費改善の動き(2018/1/13 10:22)
日銀静岡支店は12日発表した1月の静岡県内金融経済動向で、景気の全体判断を「緩やかに拡大している」として、前月までの「緩やかに拡大しつつある」から引き上げた。引き上げは4カ月ぶり。小高新吾支店長は「輸出や生産などの他項目に比べて遅れがちだっ…
花の展覧会、大村さん(島田)最高賞 浜松で審査会(2018/1/13 09:14)
静岡県花卉(かき)園芸組合連合会は12日、第34回県花の展覧会(静岡新聞社・静岡放送後援)の審査会を浜松市中区のアクトシティ浜松で開いた。最高賞の農林水産大臣賞に、島田市の大村明美さんのトルコギキョウが選ばれた。ガーベラやカーネーションなど…
中世の茶「二つの様式展開」 小堀遠州題材に講演 浜松(2018/1/13 09:12)
3月に開館を予定する静岡県の「ふじのくに茶の都ミュージアム」(島田市)と世界緑茶協会は12日、「茶の都しずおか創造セミナー」を浜松市中区のアクトシティ浜松で開いた。同ミュージアムに復元されている江戸時代の大名茶人小堀遠州の茶室と庭園の監修を…
17年搭乗者65万人 静岡空港、過去2番目に多く(2018/1/13 09:06)
静岡県が12日公表した静岡空港の2017年1~12月の利用状況によると、搭乗者は65万9020人で、暦年ベースでは開港以来2番目に多かった。国内線が好調を維持し、国際線も浙江省との友好提携35周年に伴う中国路線の利用増などがあり、16年に比…

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト