静岡新聞NEWS

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【津波浸水の分布予想図】(8・完) 下田~南伊豆

(2012/9/ 7 07:57)

 津波浸水域の面積は、下田市4・7平方キロ、南伊豆町3・2平方キロ。下田市は中心市街地が浸水域に入っている。主要地点付近の浸水深は、下田市役所5・88メートル(1センチ以上の津波到達時間21分18秒)、同市民文化会館7・97メートル(同20分6秒)、県下田総合庁舎1・19メートル(同26分19秒)、南伊豆町の下田メディカルセンター付属みなとクリニック5・61メートル(同14分56秒)など。
 県内の合計浸水面積が最も広くなるケースによる推計値。両市町とも浸水面積と津波高は条件設定を変えた別のケースで最大となり、津波高は下田市狼煙(のろし)崎付近では全国2番目の33メートル、南伊豆町では26メートルに達すると推計された。


tsunami_20120907.jpg
※地図はクリックすると、拡大してご覧になれます(PDFファイル)

このほかの記事

> もっと見る

おすすめ特集・連載

おいしいものを食べたい!「グルメ特集」

週末どうする?「イベント特集」

ロード中 関連記事を取得中...

SBSテレビチャンネル

こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
ページトップへ