静岡新聞NEWS

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【津波浸水の分布予想図】(1)湖西〜浜松

(2012/8/31 09:39)

 内閣府が公表した南海トラフ巨大地震による津波の想定によると、県内の深さ1センチ以上の浸水域は最大で計150・5平方キロにも及ぶ。津波高などが推計された11ケースのうち、県内の合計浸水面積が最も広くなるケースでの津波浸水分布予想図(内閣府作成)を基に、沿岸部の主な市区町の主要地点付近で予想される浸水深、1センチ以上の津波の到達時間、海岸での最大津波高を見ていく(対象は浸水面積1平方キロ以上の市町)。

◇--◇--◇--◇--◇

 津波浸水域の面積は、浜松市南区21・7平方キロ、西区18・6平方キロ、中区3・2平方キロ、北区0・6平方キロ、湖西市8・0平方キロ。浸水域内の主要地点の浸水深は、西区役所5・54メートル(1センチ以上の津波到達時間58分13秒)、南区役所1・20メートル(同23分53秒)、湖西市役所新居支所2・86メートル(同27分29秒)、JR弁天島駅3・13メートル(同26分21秒)、舞阪駅1・92メートル(同26分47秒)、新居町駅1・70メートル(同34分41秒)、高塚駅1・24メートル(同2時間55分31秒)となった。最大津波高は、浜松市南区の中田島砂丘付近で16メートル、湖西市でも16メートルと推計された。

 

20120831_017.jpg
※地図はクリックすると、拡大してご覧になれます(PDFファイル)

このほかの記事

> もっと見る

おすすめ特集・連載

おいしいものを食べたい!「グルメ特集」

週末どうする?「イベント特集」

ロード中 関連記事を取得中...

SBSテレビチャンネル

こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
ページトップへ