静岡芸能・エンタメ・文化

袋井伝統の丸凧継承 保存団体指導でたこ揚げ 静岡理工科大生(2018/12/12 08:24)
古くから袋井市に伝わる丸凧(まるだこ)の継承に向け、同市の静岡理工科大の学生が11日、同大でたこ揚げに取り組んだ。保存団体から指導を受けて製作した丸凧が冬の空を舞った。機械工学科の増田和三教授(59)の下で学ぶ学生ら1~4年生8人が参加。事…
川名のひよんどり 若連の舞、振り付け磨く 浜松・北区引佐(2018/12/12 08:21)
浜松市北区引佐町川名地区の伝統行事の国指定重要無形民俗文化財「川名のひよんどり」が来年1月4日、同地区の福満寺薬師堂で行われる。本番に向けて保存会や地元の子どもが舞の練習に励んでいる。五穀豊穣(ほうじょう)や子孫繁栄を願う行事で室町時代から…
まゆ玉に幸福の願い 熱海・来宮神社、新年へ製作進む(2018/12/11 08:03)
熱海市西山町の来宮神社で、新年の縁起物として知られる「まゆ玉」作りが最盛期を迎えている。みこが11月中旬から交代で作業に当たっている。上新粉に魔よけの効果があるとされる紅、青、白などの色を付けて作った玉を用意し、参拝者の幸福を願って一つずつ…
静岡県自費出版大賞に岡部さん(磐田市) 第18回入賞作品決定(2018/12/11 07:46)
第18回静岡県自費出版大賞(静岡新聞社主催)の入賞作品が決定した。大賞に磐田市の岡部英一さん(67)著「緑十字機決死の飛行」が選ばれた。奨励賞は、掛川市の菅沼孝行さん著「かげろうの向こうの家族」と、富士宮市の高瀬幹雄さん著「富士を眺む里柚野…
金賞に原さん(島田) 川根本町・和紙のあかり展(2018/12/9 07:50)
川根本町の寸又峡温泉感謝祭に合わせて7日、「和紙のあかり展」の表彰式が行われた。最高賞の金賞には、島田市の原藤枝さんが選ばれた。原さんの作品「風にのって」は、和紙を切り貼りして柔らかな曲線を表現した灯ろうに、和紙のチョウが集う様子を表現して…
ひよんどりとおくない紹介 浜松・北区で展示会(2018/12/9 07:47)
浜松市北部の伝統芸能を紹介する展示「ひよんどりとおくない-中世から受け継がれる民俗芸能」(同市主催、静岡新聞社・静岡放送後援)が来年1月25日まで、同市北区引佐町の市地域遺産センターで開かれている。祭礼の様子を伝えるパネルや道具、衣装が並ん…
絵本の世界、ゆっくり 専門店グリム、沼津に移転(2018/12/8 07:55)
千葉県や移住先の伊豆の国市で30年以上にわたり絵本専門店「グリム」を営んできた飯塚須磨子さん(75)がこのほど、沼津市大岡に転居し、新店舗をオープンさせた。運営を手伝う長女と「絵本や読み物の世界を通じ、ほっとする空間を提供したい」と話してい…
富士山世界遺産センター、徳川ゆかりの品展示へ 19年大型連休(2018/12/8 07:33)
静岡県議会9月定例会は7日、公明党県議団の早川育子氏(富士市)が代表質問を、無所属の桜井勝郎氏(島田市・川根本町)と自民改革会議の土屋源由氏(伊豆の国市)が一般質問をそれぞれ行った。川勝平太知事は富士山世界遺産センター(富士宮市)について、…
浙江省から高校生、島田の文化を学ぶ 刀剣、市文化財住宅… (2018/12/7 08:07)
中国で日本語を学ぶ高校生12人が6日、島田市を訪ね、大井川流域の文化や歴史を地元住民から学んだ。日本を学ぶ旅行の一環で、静岡空港周辺の活性化に取り組むNPO法人「ソラノワ」がプラン作りに協力した。一行は浙江省仲尼高校の1~3年生。2日から日…
大岡文学伝える 三島「ことば館」元学芸員ら、講座展開中(2018/12/6 17:01)
2017年4月に亡くなった三島市出身の詩人大岡信さん。作品の価値を後世に受け渡そうと、同年11月26日に閉館した大岡信ことば館(同市)の元学芸員や、市内で子供に本の貸し出しを行う「てんとうむし文庫」(段千恵子代表)のメンバーが18年度、独自…

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト