静岡芸能・エンタメ・文化

豊作願い「見高三番叟」奉納 伝統舞台で掛け合い 河津(2018/10/23 08:28)
河津町見高の見高神社で22日、町指定無形民俗文化財の「見高三番叟(さんばそう)」が奉納された。貴重な江戸歌舞伎の引幕が現存する神楽殿で地元保存会の若衆10人が優雅な舞を披露し、豊作を祈願した。笛や鼓の音に合わせ、「翁(おきな)」「千歳」「三…
函南に伊豆最大規模古墳 王権との関わり示す 筑波大調査(2018/10/23 08:15)
静岡県内を中心に古墳の発掘調査に取り組む筑波大の滝沢誠准教授(55)と研究室の学生らがこのほど、函南町平井に伊豆半島最大とみられる前方後円墳の存在を確認した。古墳時代前期(3、4世紀)に造られたと考えられ、滝沢准教授は「当時の伊豆地域の状況…
ジャズピアニスト佐藤允彦さん名曲披露 浜松、トーク交え(2018/10/22 08:00)
浜松市内で開催中の第27回ハママツ・ジャズ・ウィーク(同市、市文化振興財団、静岡新聞社・静岡放送、ヤマハなど主催)のイベントとして、ジャズピアニスト佐藤允彦さんのトーク&コンサート「佐藤允彦のジャズ目線じゃぁ」が21日、中区のアクトシティ浜…
川端康成の魅力再発見 来訪100年、伊豆でイベント(2018/10/22 07:59)
伊豆市と湯ケ島川端文学会は21日、ノーベル賞作家の川端康成の伊豆来訪100年を記念したイベント「もっと知ろう川端康成の魅力」を同市天城湯ケ島地区で開いた。静岡県内から約30人が参加し、講演やゆかりの場所の見学などを通じて川端と伊豆の関わりを…
中国「文房至宝」ずらり 静岡・駿府博物館、浜松の書家収集(2018/10/21 09:09)
静岡市駿河区登呂の駿府博物館で20日、企画展「大谷青嵐コレクション-文房至宝展」(同館主催、静岡新聞社・静岡放送後援)が始まった。12月16日まで。古来中国では、文人の書斎を「文房」と呼び、筆、墨、硯(すずり)、紙を「文房四宝」と呼んだ。県…
「秀吉の城」に熱視線 静岡・駿府城公園、21日まで臨時公開(2018/10/21 08:10)
静岡市は20日、同市葵区の駿府城発掘現場で豊臣秀吉が家臣に築かせた城の遺構を発見したことを受け、発掘された天守台の石垣を臨時公開した。16日に発見が発表されて以降、初めて一般の人が間近に「秀吉の城」の遺構を見る機会となり、大勢の歴史愛好者や…
本田宗一郎氏直筆の日本画公開 浜松・天竜、愛用画材も展示(2018/10/20 07:47)
浜松市天竜区出身のホンダ創業者本田宗一郎さん(1906~91年)が生前に描いた日本画や遺品の絵筆などを集めた展示会が12月2日まで、同区二俣町の本田宗一郎ものづくり伝承館で開かれている。入場無料。主催は地元有志でつくるNPO法人本田宗一郎夢…
江戸画壇の富士山14作 世界遺産センターで特別展第2部(2018/10/20 07:45)
富士宮市の県富士山世界遺産センターは20日から、開館後初の特別展「富士山絵画の正統」の第2部展を同センターで開く。11月25日まで。富士山を越えようとする龍を描いた「富士越龍(ふじごしのりゅう)」をテーマに、江戸画壇の黄金期の18世紀末から…
静商ゆかりの美術家展 静岡・市民ギャラリーで21日まで(2018/10/19 08:08)
静岡県立静岡商高ゆかりの美術家による作品展「版画家『海野光弘の世界』・彫刻家『大村政夫先生』」が21日まで、静岡市葵区の市役所市民ギャラリーで開かれている。同校の創立120周年を記念して同窓会が企画した。海野さんは1958年に同校を卒業。墨…
大道芸W杯PR 専門学校生、ポスターなど作製(2018/10/19 08:06)
世界の大道芸人が静岡市に集結する「大道芸ワールドカップin静岡2018」(11月1~4日)の公式ポスターとリーフレットがこのほど完成した。実行委員会が市内外の公共施設などで掲示、配布を始めている。ポスターは全国向けのB1判と市内用のA2判の…

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト