静岡新聞記者ミニコラム「清流」

夢を持つこと(東部)(2017/10/21 08:12)
大学生の頃に手にとった本の中で、全国各地の人の夢を題材にした「1歳から100歳の夢」という一冊が印象に残っている。さまざまな年代の人の夢に触れ、刺激を受けたことを思い出す。日本代表の一人としてミセスの世界大会に出場した伊豆の国市の松谷曖良さ…
「発表」の使い分けに注意(中部)(2017/10/21 08:10)
新聞記事で多用される「発表した」。多くの人に明らかにするという意味の文言だが、発表の仕方は一様ではない。先日、とあるニュースで某官庁が「報道発表はしない。ネットで公表している」とコメントしていた。報道発表とネット公開。何が違うのか疑問に思う…
くんまのお兄さん(西部)(2017/10/21 08:09)
1歳半の長男と子ども向けの遊び場に出掛けると、園児や小学生の輪に入りたいのに体格差もあって加われないわが子の姿を時々目にする。「もう少し大きくなってからだね」などと声を掛けるが、少し寂しい気もしていたある日、一緒に遊んでくれる男の子に浜松こ…
「八十八」の手間(東部)(2017/10/20 08:57)
「米の字は八十八の手間をかけるという思いから」。米の貴重さを説くときに使われるが、今年は松崎町石部の棚田でオーナーに交じって田植えと稲刈りを行い、身をもって体感した。収穫作業は主に刈る・束ねる・干すの三つ。単純に聞こえるが、かがんだり立ち上…
「ゲンセツ」に行こう!(中部)(2017/10/20 08:56)
静岡市清水区で5世紀の集落跡が見つかり、発掘調査の成果を紹介する現地説明会が開催された。当日は130人が訪れたが、市担当者は事前取材で「内容が地味かも」と少し心配していた。確かに城や古墳など一般的に「分かりやすい」発見ではない。しかし、16…
ふるさとの隊員、無事祈る(西部)(2017/10/20 08:55)
航空自衛隊浜松基地のすぐ近くで生まれ、航空機を“特等席”で見ながら育った。大きな飛行音も生活の一部だった。1982年のブルーインパルス墜落事故現場も実家から数百メートル。幼子だったため記憶はないが、事故から数年がたっ…
静岡県東部地域の魅力を発見(東部)(2017/10/19 08:35)
スタンドアップ・パドルサーフィン(サップ)を沼津市の牛臥海岸で初めて体験した。静岡の山間地で育ち、10年以上海に入っていなかったが、8月に沼津に赴任したのを機に、海の魅力にも触れてみたいと思っていた。サップは長さ約3メートルのボードの上に立…
人格映す車の運転(中部)(2017/10/19 08:34)
東名で大型トラックに追突された夫婦の死亡事故で、直前のトラブルを引き金に進路をふさいだとされる男が自動車運転処罰法違反(過失致死傷)容疑で逮捕された。遺族を思うとつらくなる。自分は駆け出しのころ、事故を起こし、真冬に3カ月間の免停になった。…
投票で若者の主張届けて(西部)(2017/10/19 08:33)
22日の衆院選の投票日に向けて、各候補者が主張を訴えている。ある街頭演説会を取材した際、男子高校生のグループと出会った。今回は初めて18歳選挙権が適用される総選挙。しっかりと興味を持つ生徒がいたことに感心した。この日はテストで下校時間が早か…
戦いを決する貴重な一票(東部)(2017/10/18 08:23)
衆院選投開票まであと4日。選挙では、「出陣式」「陣営」「一騎打ち」と、なぜか戦国時代の合戦で使うような言葉が飛び交う。候補者も「最後の戦い」「決死の覚悟」という言葉で自らを鼓舞する。報道でも「戦いに火ぶた」「一大決戦」という言葉が並ぶ。「政…

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト