静岡新聞記者ミニコラム「清流」

注目高まる女子サッカー(東部)(2018/1/23 08:02)
2011年女子ワールドカップ(W杯)で「なでしこジャパン」をけん引した川澄奈穂美選手が、伊東市内でサッカー教室を開いた。子どもにアドバイスしたり、一緒にプレーを楽しんだりする姿から明るく前向きな性格が伝わってきた。指導を受けた少年サッカー団…
「快挙」の裏を探ると…(中部)(2018/1/23 08:01)
先日の静岡市長定例記者会見で、転出超過が続いている市の人口動態が47年ぶりに転入超過に転じたと発表された。人口減少対策に取り組む市としては朗報となった。田辺信宏市長は「約半世紀ぶりの快挙」と喜びを隠さず、都内に開設した移住支援センターや、大…
自転車で浜名湖巡り(西部)(2018/1/23 08:00)
浜名湖を1周するサイクリングの愛好者が増えている。どんな楽しみがあるか気になり、昨年12月にレンタサイクルで一部区間を走ってみた。予想通りの寒さだったが、体が温まってくると楽しむ余裕ができた。波打ち際近くで水の音を聞きながら走れるのは思った…
“センター効果”の正月(東部)(2018/1/20 08:00)
2017年末に富士宮市宮町に開館した県富士山世界遺産センター。新年は早くも元日から運営を再開した。“センター効果”だろうか、周辺市街地は大勢の行楽客でごった返した。近隣の富士山本宮浅間大社には正月三が日、多くの初詣客…
茶を身近な贈り物に(中部)(2018/1/20 07:59)
島田に来てから、人にお茶を贈るようになった。贈ると言っても箱入りの高価なものではなく、相手に合わせて手ごろなティーバッグなどを選び、自分で簡単な包装をする。同じ20代の友人に渡すと、とても喜ばれる。後日「おいしかった」と感想をもらうと、私が…
文学に学ぶ言葉の重み(西部)(2018/1/20 07:58)
正月休みに、浜松市浜北区の書店で売り場面積が広がっていて目に留まったノーベル文学賞作家カズオ・イシグロ氏の作品を、遅ればせながら読んだ。手に取ったのは「わたしを離さないで」。文学に詳しくないので、冒頭の語り手の思い出話は何が主題なのかよく分…
障害者スポーツの輪広がれ(東部)(2018/1/19 09:02)
県東部で民間による障害者スポーツクラブの設立が相次いでいる。2017年度に入って長泉町や三島市で活動が始まり、富士市などでも準備が進んでいる。20年の東京パラリンピックを前に障害者スポーツへの関心は確実に高まっている。多くのクラブは特定のス…
一つ一つの決断の重み(中部)(2018/1/19 09:01)
年が明けてから、県内の病院で2人が脳死と判定され、ともに家族の承諾により臓器提供が行われた。原稿を書きながらその背景に思いをはせることができたのは、昨年、臓器移植コーディネーターの石川牧子さんの話を聞いたからだ。石川さんは県内全ての臓器提供…
憧れられる新成人に(西部)(2018/1/19 09:00)
浜松市北区細江町の成人式会場で、地元の中学生が受け付け業務を手伝っていた。晴れ着やスーツに身を包んだ先輩たちを見ながら、「数年後は自分たちが」と想像を膨らませたことだろう。大切な祝いの場だが、毎年のように新成人の言動が話題になる。静岡市では…
豪華列車の来遊期待(東部)(2018/1/18 08:11)
JR東日本の豪華寝台列車「トランスイート四季島」が2017年の大みそか、ツアーの一環でJR熱海駅に立ち寄った。県内への停車は初めてとあって、ホームは到着を歓迎する観光関係者や鉄道ファンらでごった返した。ここ数年、全国各地で豪華列車の投入が相…

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト