静岡新聞朝刊1面コラム「大自在」

2018年12月18日【大自在】(2018/12/18 07:25)
なぞなぞを一つ。すぐ近くにあるのに見えないものは、なあに?空気、危険またはチャンス…。話の展開上、今回の答えは「自分(の顔)」▼イソップ寓話[ぐうわ]で、肉をくわえた犬は、川面に映った犬(自分)がくわえている肉も取ろうと吠[ほ…
2018年12月17日【大自在】(2018/12/17 07:48)
赤塚不二夫さんの漫画で昔から「おフランス帰り」のキャラクターを見てきたせいもあるのか。フランス人といえば「エレガント」「粋でシック」、悪く言えば「気障[きざ]」「軟弱」のイメージが付いて回り、「好戦的」の枕詞[まくらことば]は浮かんでこない…
2018年12月16日【大自在】(2018/12/16 07:50)
JR菊川駅の南西、小高い丘で朱塗りの鳥居と出合う。鉄道の開通で駅南に中心部が広がった堀之内地区。駅北の氏神日吉神社に代わり、新興地の“氏神招致”で建立された菊川神社だ▼祭られるのは、古事記で日本列島を創ったとされるイ…
2018年12月15日【大自在】(2018/12/15 07:38)
「着物警察」なる言葉をネット上に見つけた。子どもが夢中になる「戦隊もの」かと思いきや、市中で着こなしを注意する「行きすぎた」和装好きのこと。まだ見掛けたことはないが、生地や髪形までおせっかいの度が過ぎるらしい▼参観日に和装の母親も少なくなか…
2018年12月14日【大自在】(2018/12/14 07:20)
縁も興味もなかったのでダイヤモンドは無色透明だと思っていたが、カラーのダイヤもあると知った。ピンクダイヤは桜のような色合いが人気で、その希少性から無色より高価という▼「駿河湾の宝石」とは言い得て妙。生きているサクラエビのカラー写真を見ると、…
2018年12月13日【大自在】(2018/12/13 07:20)
漢字学の大家だった白川静さんの、漢字に対する考えの根本には「漢字は国字である」との思いがあったという。「日本の、日本語の、国字という意味です。漢字は国字なのです」(「白川静漢字の世界観」松岡正剛著)▼漢字は中国生まれだが、テレビのクイズ番組…
2018年12月12日【大自在】(2018/12/12 07:45)
このところ、ノーベル賞受賞者を輩出することの多い日本の科学技術の世界だが、基礎科学研究の将来には不安もあるらしい。過去に科学分野のノーベル賞を受けた日本人の業績は1970~80年代に成し遂げたものが多い▼国の予算も配分は基礎科学より実用化研…
2018年12月11日【大自在】(2018/12/11 07:46)
目、鼻、口-。顔の部分を組み合わせた合成写真「モンタージュ」という言葉を知ったのは、この事件がきっかけだった。戦後犯罪史に残る「3億円事件」発生からきのうで半世紀が経過した▼土砂降りの朝。東京・府中の刑務所沿いの路上で、近くの大手電機メーカ…
2018年12月9日【大自在】(2018/12/9 07:25)
先日、「おくりびと」と呼ばれる人の仕事に接した。亡くなった方の体を清め、死装束を着せて柩[ひつぎ]に納める。悲しみに包まれる遺族に見守られながら、体をきれいに拭き、顔そりや洗髪までしてくれた。うっすらメークが施された顔は、故人が若がえったよ…
2018年12月8日【大自在】(2018/12/8 07:30)
〈リンゴはなんにも言わないけれど/リンゴの気持ちはよくわかる〉と書いたのは、サトウハチロー。戦後のヒット曲第1号として有名な「リンゴの唄」の一節だ。静岡市にある明治期の米蔵を改装したギャラリーで、思わずリンゴの気持ちを聞いてみたくなった▼青…

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト