こち女ニュース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

お茶のある生活(上) 「湯は70度」でいいの?

(2015/6/4 11:00)
ハリオ製「フィルターインボトル」(右の二つ)を説明する山寺剛社長=5月12日、静岡市葵区
ハリオ製「フィルターインボトル」(右の二つ)を説明する山寺剛社長=5月12日、静岡市葵区

 「発想転換しないと静岡茶はいずれつぶれる」。急須などを扱う茶器問屋「山寺」(静岡市葵区)の山寺剛社長(67)は、ペットボトル緑茶飲料の普及で定着した“冷たいお茶”を前に、時に焦燥感に駆られる。急須の売り上げはピーク時に比べて約6割減。「湯は70度」と急須でいれる“温かいお茶”を訴え続ける茶業界に感謝はすれども、「今や形だけの伝承」とため息をつく。

 県茶業会議所編の2013年冊子「お茶のしずおか」に紹介されているように、普通煎茶は「約70度」が標準的ないれ方とされ、一般に広まっている。

 根拠になった論文「茶のいれかたの検討」の原本は農研機構野菜茶業研究所(島田市)に残る。1973年刊。発表者「茶のいれかた研究会」のメンバーは県茶業試験場、県茶商工業協同組合連合会、県茶業会議所、そして農研の前身、農林省茶業試験場から当時の重鎮7人が名を連ねる。

 農研上席研究員の堀江秀樹さん(56)は20年前の着任時、研究当時を知る人物に聞いた話が忘れられない。
 「(煎茶70度は)濃過ぎる。通の飲み方」

 当時の煎茶は普通蒸し。今の煎茶は深蒸しが主流だ。お茶は変わった。にもかかわらず「固定観念に縛られている」(堀江さん)。

 急須が家庭に爆発的に普及したのは高度経済成長期。懐が豊かになった人々がやかんや土瓶で飲んでいた番茶ではなく、高級な煎茶を購入し始めたからだ。今、世界的お茶ブームを背景に急須の海外取引は増えたが、「日本では絶滅危惧種」(山寺社長)となった。

 そんな中、新たな有望株が2013年、登場した。耐熱ガラス食器製造「ハリオ」(東京)の「フィルターインボトル」。ワイン瓶の形をした、新感覚の急須といっていい。特筆すべきは、「水出し茶」用ということだ。

 水出し茶は文字通り水でいれるお茶。お茶は、いれる水の温度が低いほど、渋みが出にくく、うまみが勝る。
 関係者の話をまとめると、水出し茶は、この特性を説いた「茶のいれかたの検討」を応用する形で、約20年前から専用茶葉やティーバッグとして商品化が始まった。相前後して登場したペットボトル茶が人気を博し、お茶は「温」から「冷」に転換し始めた。

 ハリオも「水出しという抽出法が茶葉のうまみを味わえておいしいと知っていた」(広報)。専用の抽出器具を作る会社がまだなかった04年、家庭で茶葉を使った新しい飲み方を提案しようと、専用器具の発売を始めた。フィルターインボトルは30代の女性社員が食卓で、ワインのようにおしゃれに水出し茶を飲んでほしいと改良した。14年は前年の1・5倍を売り上げた。

 ペットボトル茶の登場から30年。「お茶のある生活」は「生活」そのものも一変した。端的なのは家庭形態の変化だ。
 労働政策研究・研修機構の調べでは1980年、専業主婦世帯約1100万に対し、共働き世帯は600万だったが、90年代に逆転した。2013年は専業主婦世帯700万、共働き世帯1100万に。専業主婦は減り、時間に追われて忙しい共働きの女性が増えた。

 山寺社長は「(茶葉にとって)失われた30年」と指摘する。茶業界は生活の変化に対し、茶殻処理に代表される女性の手間を省くことに知恵を絞ったが、茶葉でいれる「おいしさ」については「温かいお茶」にとらわれ伝承するだけで、温度の再検証や、温度でおいしさの中身が変化することを十分説明してこなかった。

 「お茶は、そもそも嗜好(しこう)品なのにね。もう一度、種をまきたい。お茶は、いれる温度でおいしさが七変化する」。山寺社長は今夏、湯でお茶をいれるのが面倒なら「水でいれて」と提案したいという。「男性だって、お茶をいれることができるよ」

 緑茶を習慣的に飲む人はそうでない人より全死亡リスクが低い―と国立がん研究センターが発表した。1990年から約19年間、40〜69歳の計約9万人を追跡した大規模な疫学調査で分かった。消費低迷に悩む静岡茶にとって新たな朗報だ。しかし「お茶のある生活」は今後も続くのか。突破口を探った。

このほかの記事

Pick up イチオシ情報

静岡市葵区紺屋町

BOIL’S SWEETS & DINNER(ボイルズ スウィーツ&ダイナー)

静岡の食材を使うニューヨークスタイルの料理とスイーツを楽しめます。

静岡市駿河区大谷

LeiMana cafe(レイマナカフェ)

大学生も、お子様連れもみんな嬉しい癒しのハワイアンカフェ

静岡市葵区人宿町

ワイン食堂 GAV(ガブ)

世界のワインと、その魅力をひきたてる料理でもてなす「ワイン食堂」です。ワインを日常に楽しみませんか?

浜松市浜北区東美薗

中国料理 あじさい

お酒に合う、彩り鮮やかな中華料理をぜひ一度ご賞味ください。

伊豆市修善寺

日枝神社例祭

2018年10月20日(土)

焼津市小川

第13回 小川港さば祭り

2018年10月20日(土)

熱海市梅園町

第6回 熱海梅園アート・クラフトフェスティバル

2018年10月19日(金)~21日(日)

静岡市葵区諏訪

第26回静岡ヘリポート祭り

2018年10月20日(土)

NEWS PAPER

見開き特集面 10月12日号

SNS

Facebook

twitter

LINE

こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」