こち女ニュース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

“どん底先生”の生き抜く力(下) 体験糧に、悩む子支える

(2018/6/16 11:00)
教え子との交換日記を読み返す宮坂智恵子さん。手紙や折り紙、シールなど、教え子からもらったものは全部残している=5月下旬、沼津市
教え子との交換日記を読み返す宮坂智恵子さん。手紙や折り紙、シールなど、教え子からもらったものは全部残している=5月下旬、沼津市

 「勉強ができない気持ちなんて分からないでしょ」「どうせ先生には…」。教え子の投げやりな言葉一つ一つに、首を振って「分かるよ」が言える。沼津市の家庭教師宮坂智恵子さん(36)は、どん底の経験という“引き出し”から、教え子にとって最善の方法を導き出す。
 「漢字を書くのも嫌」という子には、大きな紙を用意する。文字の大きさや向き、筆記具を換えて、どんどん書かせる。次はどう書くかに意識が向き、いつの間にか漢字を覚える。
 決まって言うのは「勉強して後悔することは一つもない」。とはいえ、より大切なことがある。どう生きていくかということだ。教え子の両親には、こう説明する。「本人が30代や40代になった時、『生きていて良かった。幸せだよ』と言ってくれることを目標にしましょう」
 19歳で始めた家庭教師のアルバイトにやりがいを見いだす一方、ギャンブル依存の母に求められるまま、お金を渡す生活からは逃れられずにいた。
 物心ついた時から母は留守がちで、深夜まで他人に預けられた。「ママ大好き」と言っては、母をつなぎ留めようとした。10代後半からは、母とそっくりな男性との交際を繰り返した。賭け事をやめられず、うそをつき、暴力を振るう人たち。友人から「別れなよ」と助言されても、なぜか相手が母に似ているほど好きになった。
 30代前半、交際相手に恵まれている友人が、「私って愛されキャラだから」と言うのを聞いて、はっと気付いた。「私なんて、愛される価値のない人間」と諦め、卑下する自分の所へは、「おまえなんか」とさげすむ男性しかやって来ないのではないか。

このほかの記事

Pick up イチオシ情報

浜松市南区新橋町

BISTRO La Joie(ビストロ ラ ジョア)

本格フランス料理を肩肘張らずにゆったり味わえる、笑顔あふれるアットホームなお店です。

沼津市千本港町

いなろ食堂

沼津港近くにある【いなろ食堂】ではどんぶりや定食がおすすめのカフェです。

静岡市葵区紺屋町

HANAO CAFE(ハナオカフェ)

ハワイローカルのメロウでハッピーなアイランドタイムが流れる、日常の中でも束の間の特別感を感じられるカフェ。

静岡市葵区鷹匠

一銀 ichi gin(いちぎん)

だしソムリエの女将が提供する、ほっと心和む料理。充実のワインや日本酒と共に素敵な夜を。

藤枝市本郷

せとやまるかじり

2018年11月17日(土)、18日(日)

沼津市大手町 ほか

第5回 ぬまづパンマルシェ

2018年11月18日(日)

浜松市天竜区春野町宮川

第43回はるの産業まつり

2018年11月17日(土)、11日18日(日)

磐田市富丘

静岡県立農林大学校 農大祭

2018年11月17日(土)

NEWS PAPER

見開き特集面 11月16日号

SNS

Facebook

twitter

LINE

こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」