こち女ニュース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

孫育て それぞれのカタチ(4・完)自分らしく

(2018/1/11 11:00)
手製のおもちゃで孫と遊ぶ西岡祥一さん(中央)。孫たちは「この船には飛行機を載せられる」「きれいな色を塗ったよ」と胸を張った=2017年12月、浜松市北区
手製のおもちゃで孫と遊ぶ西岡祥一さん(中央)。孫たちは「この船には飛行機を載せられる」「きれいな色を塗ったよ」と胸を張った=2017年12月、浜松市北区

 「孫育て」という言葉は、少子化や子育て支援への関心の高まりとともに広がってきた。2017年10月、三島市が県内で初めて発行した祖父母手帳や各地の講座は、最新の知識を伝えるとともに、祖父母のまっすぐな愛情や日々の葛藤を肯定する。「自分らしい孫育て」を応援する。
 浜松市北区の福祉施設根洗学園が11年から続けている孫育て講座は、講義後の語り合いが盛り上がる。「お嫁さんに『孫を連れて来て』って率直に言えない」と悩みを打ち明け合い、「疲れるよね」と苦労話にも花が咲く。運営サポーターの大学生古瀬夏実さん(22)は「少子化の影響か、孫について話せる相手が近所にいない祖父母は意外と多い」と話す。
 「『親の時とはだいぶ心境が違う』と皆で笑った」。受講者の一人、同区の西岡祥一さん(67)は振り返る。小学校と幼稚園児の孫の男児2人が自宅近くに暮らしている。
 孫に縄跳びを教えた時、わずかに上達しただけで喜びがこみあげ「すごいぞ」と手放しで褒めた。30年前、娘に教えた時には「まだまだ」と上を見たのに。父と祖父、両方経験して分かった。理想を持つ家族と持たない家族は「どちらも尊い」のだと。
 「無責任でゆとりがある祖父」を自覚してからは、遊び方を一層考えるようになった。「幼稚園の先生にあげたい」という孫と毎朝、美しい野花を探した。「船を作りたい」と頼まれれば、木材で一から作って仕上げを任せた。関心がなくても結構、と絵本の読み聞かせを続けると、孫はいつしか物語にのめり込み、「もっと読んで」と言うようになった。
 孫育て講座で得た最新の知識の多くは忘れてしまったが、祖父のありようを見つめたことには意味があった。毎日楽しそうに遊びに熱中する孫を見ていると「自分らしく関われたかな」と思う。

このほかの記事

Pick up イチオシ情報

静岡市葵区七間町

やきとり80(えぃてぃー)

焼き鳥がホントに美味い!それでいて安い!

磐田市岩井

うまみ処 六番

おなじみの和食メニューをちょっとアレンジ、居心地のよい空間で美味しい料理とお酒を。

静岡市葵区両替町

Vintage Blue(ビンテージブルー)

夜空に浮かぶ水族館で素敵な時間をお過ごしください。

伊東市八幡野

Café Milky(カフェミルキー)

タルティーヌと手作りケーキが自慢のカフェ。伊豆高原の四季折々の景色とともに。

三島市大社町

大社の杜みしま MORINO BOOK FES

2018年4月21日(土)、22日(日)

伊豆市修善寺

春季弘法忌 湯汲み式

2018年4月21日(土)

静岡市清水区袖師町

第15回清水アート・クラフトフェア

2018年4月21日(土)、22日(日)

湖西市神座

第20回トキワマンサクまつり

2018年4月22日(日)

NEWS PAPER

見開き特集面 4月20日号

SNS

Facebook

twitter

LINE

こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」