こち女ニュース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

孫育て それぞれのカタチ(2)世代間ギャップ

(2018/1/6 11:00)
男児をあやす(後左から)崎田千代子さんと大橋倫代さん。崎田さんがくすぐると、男児はうれしそうにほほえんだ=静岡市葵区
男児をあやす(後左から)崎田千代子さんと大橋倫代さん。崎田さんがくすぐると、男児はうれしそうにほほえんだ=静岡市葵区

 インターネットで「育児」という言葉を検索すると、3千万を超える項目が出てくる。産前の勉強に役立ち、産後にもすぐ調べることができる。そんな親にとって、育児経験に基づく祖父母の助言はさまざまな意味で「重い」ようだ。
 浜松市の30代女性は県外に住む実母の「私の頃は」という言葉に閉口している。「抱き癖が付く」と警戒され、「1回に複数の予防接種は不安」と言われる。反論は聞き入れられない。
 授乳したばかりなのに「泣いたから」とミルクを与えたり、子どもの卵アレルギーを探っている段階で勝手にプリンを与えたり。焦らされる半面、夫の帰りが遅く、近くに友達もいない女性にとって実母は、かけがえのない味方だ。「今日もぐずった」と電話で育児の悩みを話すと「そういう日もあるよ」と励まされ、〝先輩〟の言葉に救われる。女性の心中は複雑だ。
 「母に学んだ」と振り返るのは、核家族で生後4カ月の男児を育てる大橋倫代さん(35)=静岡市葵区=。産後すぐ、スマートフォン(スマホ)で調べながら母乳育児を始めた。情報は初産の疑問に十分応えてくれていると感じた。
 しかし、「母乳を10分間飲まなくなった」「睡眠不足かもしれない」と、インターネットサイトに示された目安と違うたびに動揺するようになった。実母の崎田千代子さん(61)に相談すると「母乳を吸う力が付いたのかも。睡眠は少し様子を見よう」と助言され、「私にはこの子が元気で落ち着いて見える。大丈夫よ」と諭された。

このほかの記事

Pick up イチオシ情報

焼津市保福島

CAFE HOUSE(カフェハウス)

モーニングからランチ、バルタイムまで、ゆっくりくつろげるカフェ。

静岡市清水区折戸

みふくさぼう mifuku-cafe

世界遺産「三保松原」近くにある民家を改築したカフェ。庭園を眺めながらゆったりとお過ごしください。

静岡市葵区鷹匠

一銀 ichi gin(いちぎん)

だしソムリエの女将が提供する、ほっと心和む料理。充実のワインや日本酒と共に素敵な夜を。

静岡市葵区二番町

Bistro Ravigote(ビストロラビゴット)

手作りにこだわったビストロ料理と自然派ワインをリーズナブルに楽しめるお店です。

静岡市清水区袖師町

第15回清水アート・クラフトフェア

2018年4月21日(土)、22日(日)

富士市富士岡南

第4回 富士山れんげまつり

2018年4月22日(日)

伊豆市修善寺

春季弘法忌 湯汲み式

2018年4月21日(土)

三島市大社町

大社の杜みしま MORINO BOOK FES

2018年4月21日(土)、22日(日)

NEWS PAPER

見開き特集面 4月20日号

SNS

Facebook

twitter

LINE

こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」