こち女ニュース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

家族の軌跡~ダウン症の次男との10年(4・完)母の“舞台”

(2017/11/25 11:00)
えほん文庫のママ会に集う母親たちと言葉を交わす大村由実さん(中央)=10月下旬、浜松市北区
えほん文庫のママ会に集う母親たちと言葉を交わす大村由実さん(中央)=10月下旬、浜松市北区

 大村由実(52)が自宅の一角に設けている「えほん文庫」の開館日には、大勢の家族が訪れる。定期的に開くママ会やイベントは、母親や子どもたちの憩いの場。「ここでたくさんの人たちと知り合い、交流が生まれた。ダウン症の剛輝を授かったからこそ」
 文庫は次男剛輝(10)を妊娠する直前に構想した。芝居を演じるために買い集めていた絵本を貸し出そうと、出産から3カ月後にオープン。今月で10周年を迎えた。

 15年前、由実は育児に専念するため、劇団を辞めた。長女真由帆(18)は当時3歳。長男晃央(15)を妊娠し、せりふを覚える余裕がなくなったからだ。
 衆目を集める演劇の舞台を降り、「自らの存在価値を見失った」。代わりに娘に夢を託そうとした。「ピアニストにしたい」「バレリーナになれるかな」。毎日、習い事へ通わせた。
 10年前、剛輝が生まれた。「障害のある子がどうしてうちに」。答えのない問いを繰り返した。家族は障害を気にしていなかったが、「家族に申し訳ないことをした」と思い詰めた。
 わだかまりの矛先は、真由帆と晃央に向かった。飲み物をこぼしただけでもいら立ち、きつい言葉で叱り付けた。しばらくして、真由帆は不登校になった。
 「私と向き合って」「私に期待しないで」。娘の声は、今でも耳に焼き付いている。「なんて駄目な母親なんだろう」。由実はますます自分を責めた。
 真由帆が立ち直り、高校へ進学した直後、夫の昌良(58)が失業した。再就職先が見つからない日々。家族が殺伐としていた時、支えとなったのがえほん文庫だった。

このほかの記事

Pick up イチオシ情報

下田市三丁目

黒船屋

まごころ込めたおもてなし料理が自慢です。

静岡市葵区黒金町

静岡ゴールデン横丁 洋風バル ハンプルク 

30社100種のビールが季節に合わせておもてなし。ソーセージとビールで乾杯!

静岡市清水区折戸

みふくさぼう mifuku-cafe

世界遺産「三保松原」近くにある民家を改築したカフェ。庭園を眺めながらゆったりとお過ごしください。

沼津市我入道南条寺

Mission Bay(ミッションベイ)

カフェを併設した普段の暮らしにフィットしたアイテムを取り扱っているショップ。2016年6月カフェスペースをリニューアル!

藤枝市原

藤枝 音羽山清水寺 観音大縁日

2018年2月17日(土)~19日(月)

静岡市葵区相俣

2018ぼたん(猪肉)祭り

2018年2月18日(日)

静岡市葵区産女

動物愛護館 ねこの日ネコ展

2018年2月18日(日)

浜松市浜北区根堅

岩水寺 星まつり(春の大祭)

2018年2月18日(日)

NEWS PAPER

見開き特集面 2月16日号

SNS

Facebook

twitter

LINE

こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」