こち女ニュース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

家族の軌跡~ダウン症の次男との10年(3)父の起業

(2017/11/23 11:00)
生計を立てるため、「ITロボット塾」で小中学生にプログラミングを教える大村昌良さん=10月中旬、浜松市中区
生計を立てるため、「ITロボット塾」で小中学生にプログラミングを教える大村昌良さん=10月中旬、浜松市中区

 10年前、ダウン症の次男剛輝(ごうき)が生まれてから、父の大村昌良=当時(48)=は毎日、午後8時には帰宅した。大手企業の半導体開発エンジニアとして、それまでは深夜まで残業する日々だった。
 妻の由実=同(42)=は、わが子に障害があることを受け入れられず、精神的に追い詰められているようだった。「突然気が変になって家族のことを忘れてしまうのでは。あっちの世界へ行ってしまうのでは」。昌良は気が気でなかった。
 小学2年の長女真由帆や年中園児の長男晃央(あきひろ)と比べ、剛輝は筋力が弱く、血流や排便を促すマッサージが欠かせなかった。発達も遅い。「親としてできることは何でもしたい。少しでもこの子のためになるなら」。将来上手に運動ができるようにと、手足の屈伸もした。
 その経験が“第二の人生”につながるとは、知るよしもない。毎日が必死だった。
 真由帆が中学に行かず不安定だった2013年3月、管理職として県外への転勤が避けられなくなり、辞めた。真由帆だけでなく剛輝にも手が掛かる時期に、単身赴任などできなかった。
 いったん近くの会社に就職し、娘の高校進学が決まったのを見届けて、好待遇の栃木県の会社へ移った。ところが一転、会社は業績不振となり、15年6月に解雇された。
 半年にわたって120社にエントリーしたが、面接に呼ばれたのは4社。定年間近を理由に断られたのを機に「もう会社勤めはせず、やりたいことをやろう」と決めた。
 失業保険の打ち切りが迫る中、同年12月、東京で開かれていた国際ロボット博覧会へ出掛けてひらめいた。「化繊の糸とセンサーワイヤを織り交ぜ、触れる物の固さや強さを計測できる布を作れないか」。開発には、エンジニアの経験も、趣味のプログラミングも生かせる。

このほかの記事

Pick up イチオシ情報

熱海市田原本町

間瀬CAFE

創業明治5年の老舗和菓子店の和カフェ。

焼津市惣右衛門

Cafe Baumkronen(カフェ バウムクローネン)

おいしいコーヒーと食事でのんびり"くつろぎのカフェタイム"を♪

三島市本町

Tequila cafe Azteca (テキーラカフェ アステカ)

素材にこだわり、ヘルシーで美味しいメキシカン料理を提供します。

下田市三丁目

黒船屋

まごころ込めたおもてなし料理が自慢です。

富士市桑崎

富士山こどもの国 親子ディスクゴルフ大会

2018年5月27日(日)

浜松市浜北区中瀬

第28回遠州はまきた飛竜まつり

2018年5月26日(土)、27日(日)

静岡市葵区相俣

きよさわ里の駅 お茶感謝祭

2018年5月27日(日)

富士市柳島

富士のふもとの大博覧会2018

2018年5月26日(土)、27日(日)

NEWS PAPER

見開き特集面 5月25日号

SNS

Facebook

twitter

LINE

こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」