こち女ニュース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

家族の軌跡~ダウン症の次男との10年(2)姉の決意

(2017/11/22 11:00)
ボランティアとして福祉施設内の広場に出向き、子どもと遊ぶ大村真由帆さん(左から2人目)=10月下旬、浜松市浜北区
ボランティアとして福祉施設内の広場に出向き、子どもと遊ぶ大村真由帆さん(左から2人目)=10月下旬、浜松市浜北区

 「剛輝を守っていくために、人の2倍稼げる大人にならなければ」。高校3年の大村真由帆(18)は物心ついた時から、自分自身に言い聞かせてきた。「将来私に家族ができたとしても、剛輝が望むなら同居しよう」とも思っていた。父母が老いたら姉として、ダウン症の彼の面倒を見ていく義務があるのだから―。
 剛輝(10)が生まれた時から、率先して世話をした。泣けばそっと抱き寄せ、暗く涼しい所へ連れて行った。眉間のしわをさすると、不思議と泣きやんだ。「この子の面倒を見るのは、ママより私の方が得意」。自信があった。
 ところが“しっかり者”の真由帆は、小学5年から学校と習い事を休みがちになった。バレエやピアノなど、週に6日も習い事に通っていた。しかし、どれも自分の意思で始めたわけではなく、好きになれない。そんな時、クラスメートから無視されたり、陰口を言われたりするようになった。
 「習い事を辞めたい」「学校で嫌なことがあった」。母の由実(52)や教師に訴えたが、「気にしすぎよ」と受け入れられない。「何をしてもうまくいかないのは、私がおかしいからだ」と自分を責めた。
 家にいると悲しいことから解放される半面、この先の不安が押し寄せた。耐えきれずに泣きじゃくると、剛輝は頭をなで、サインペンで泣き顔の絵を描いてみせた。幼稚園から帰って来ると、「お姉ちゃんが家にいてラッキー」とばかりに喜んだ。無邪気な姿に救われた。

このほかの記事

Pick up イチオシ情報

袋井市豊沢

法多山尊永寺 ごりやくカフェ 一乗庵

土・日・月曜日のランチタイムにだけ開く小さなカフェです。

静岡市葵区御幸町

駿府の台処 静岡ごぜん

地産地消レストランとして誕生。静岡県産の牛&豚を堪能する「肉鍋五式」と、詰め放題の新鮮野菜が好評です。

下田市三丁目

黒船屋

まごころ込めたおもてなし料理が自慢です。

静岡市葵区両替町

Shizuoka BBQ TERRACE(静岡バーベキューテラス)

静岡街中の屋上で“静岡食材”を味わう、手ぶらで産地直送BBQ♪

函南町桑原

箱根十国峠山頂「富士山・ジオガイド」 十国峠ケーブルカー「こども乗車無料デー」

2018年2月25日(日) ◎こどもの乗車無料は23日(金)~25日(日)

湖西市神座

摩利支天大祭

2018年2月25日(日)

静岡市葵区宮ケ崎町

オクシズ在来市場 ―イモまつり―

2018年2月24日(土)

浜松市東区小池町

技能祭2018in浜松

2018年2月25日(日)

NEWS PAPER

見開き特集面 2月16日号

SNS

Facebook

twitter

LINE

こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」