こち女ニュース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

家族の軌跡~ダウン症の次男との10年(2)姉の決意

(2017/11/22 11:00)
ボランティアとして福祉施設内の広場に出向き、子どもと遊ぶ大村真由帆さん(左から2人目)=10月下旬、浜松市浜北区
ボランティアとして福祉施設内の広場に出向き、子どもと遊ぶ大村真由帆さん(左から2人目)=10月下旬、浜松市浜北区

 「剛輝を守っていくために、人の2倍稼げる大人にならなければ」。高校3年の大村真由帆(18)は物心ついた時から、自分自身に言い聞かせてきた。「将来私に家族ができたとしても、剛輝が望むなら同居しよう」とも思っていた。父母が老いたら姉として、ダウン症の彼の面倒を見ていく義務があるのだから―。
 剛輝(10)が生まれた時から、率先して世話をした。泣けばそっと抱き寄せ、暗く涼しい所へ連れて行った。眉間のしわをさすると、不思議と泣きやんだ。「この子の面倒を見るのは、ママより私の方が得意」。自信があった。
 ところが“しっかり者”の真由帆は、小学5年から学校と習い事を休みがちになった。バレエやピアノなど、週に6日も習い事に通っていた。しかし、どれも自分の意思で始めたわけではなく、好きになれない。そんな時、クラスメートから無視されたり、陰口を言われたりするようになった。
 「習い事を辞めたい」「学校で嫌なことがあった」。母の由実(52)や教師に訴えたが、「気にしすぎよ」と受け入れられない。「何をしてもうまくいかないのは、私がおかしいからだ」と自分を責めた。
 家にいると悲しいことから解放される半面、この先の不安が押し寄せた。耐えきれずに泣きじゃくると、剛輝は頭をなで、サインペンで泣き顔の絵を描いてみせた。幼稚園から帰って来ると、「お姉ちゃんが家にいてラッキー」とばかりに喜んだ。無邪気な姿に救われた。

このほかの記事

Pick up イチオシ情報

下田市

Swallow’s nest(スワロウズネスト)

自家製手ごねハンバーグのお店。

静岡市葵区紺屋町

博多 肉巻きやさい串と うまか酒 チカッパ

旨いものには、巻かれろ。巻けるものなら何でも巻いちゃう、そんな肉巻き酒場です。

熱海市上多賀

COEDA HOUSE(コエダハウス)

アラスカヒノキの角材を49層に積み上げた店内から水平線を一望できる絶景カフェです。

伊東市八幡野

Café Milky(カフェミルキー)

タルティーヌと手作りケーキが自慢のカフェ。伊豆高原の四季折々の景色とともに。

富士市桑崎

お茶フェスタ in 富士山こどもの国

2018年5月26日(土)

森町一宮

遠江国一宮 小國神社 一宮花しょうぶ園

2018年5月25日(金)~6月18日(月)予定

御前崎市港

第8回御前崎みなとかつお祭り

2018年5月26日(土)

島田市南

第25回蓬萊橋ぼんぼり祭り

2018年5月26日(土)、27日(日)

NEWS PAPER

見開き特集面 5月18日号

SNS

Facebook

twitter

LINE

こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」