こち女ニュース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

育む社会へ 保育士不足の背景(中) 制度と実態

(2015/3/27 11:00)
園児の人数や年齢によって園の収入は変わる。年度途中に園児の増減もあるため、園長は年中やりくりに頭を悩ませる=静岡市内の私立保育所(写真の一部を加工しています)
園児の人数や年齢によって園の収入は変わる。年度途中に園児の増減もあるため、園長は年中やりくりに頭を悩ませる=静岡市内の私立保育所(写真の一部を加工しています)

 ところが現実は、国の想定と懸け離れている。県内の複数の園や保育士への取材では、新卒1年目の年収は額面約260万〜320万円程度、勤続10年目でも約280万〜370万円程度にとどまった。
 国の想定年収と現実に差が生じる理由は二つある。一つは運営費が職員の数ではなく園児の数に合わせて算定されること。もう一つは、国が定める配置基準よりも、現場は保育士を多く配置していることだ。厚生労働省によると、実質的な配置基準は1969年度以降、45年間変わっていない。園児や保育環境の変化に制度が追い付いていないのが実情だ。その結果、1人当たりに行き渡る賃金が国の想定よりも低くなっている。
 「基準通りの数ではとても一人一人に応じた教育・保育はできない」。全国保育士会副会長を務める焼津市の私立たかくさ保育園の村松幹子園長(58)は「親の教育力や家庭環境が変化し、よりきめ細やかな、質の高い対応が求められている」と訴える。同園では、園児104人に対して保育士13人を配置。国の基準よりも2人多いため、11人分の人件費を13人で分け合う格好だ。「多数の園が基準より余分に配置しているのではないか」とみている。

このほかの記事

Pick up イチオシ情報

藤枝市駅前

bistro DokixDoki(ドキドキ)

流れゆく時と四季の移ろい・・・五感で味わう幸せ。

沼津市我入道南条寺

Mission Bay(ミッションベイ)

カフェを併設した普段の暮らしにフィットしたアイテムを取り扱っているショップ。2016年6月カフェスペースをリニューアル!

静岡市葵区人宿町

カレーグリル徳右衛門

厳選されたお肉のグリルや特製カレーをお楽しみいただけます。

浜松市北区都田町

9sense dining(ナインセンスダイニング)

STAUB鍋を使ったカジュアルランチが楽しめるお店が2016年6月オープン!

島田市南

第25回蓬萊橋ぼんぼり祭り

2018年5月26日(土)、27日(日)

伊豆市大野

サイクルフェスティバル伊豆2018

2018年5月26日(土)

富士市桑崎

お茶フェスタ in 富士山こどもの国

2018年5月26日(土)

森町一宮

遠江国一宮 小國神社 一宮花しょうぶ園

2018年5月25日(金)~6月18日(月)予定

NEWS PAPER

見開き特集面 5月18日号

SNS

Facebook

twitter

LINE

こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」