こち女ニュース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

ダブルケア(4)再就職の壁 両親同時、勤務制約多く

(2017/1/11 11:00)
デイサービスから帰宅した両親を迎える聡美さん(左)。玄関で靴を脱がせるのも一苦労していた
デイサービスから帰宅した両親を迎える聡美さん(左)。玄関で靴を脱がせるのも一苦労していた

 女性の就業率は20~30代の出産期に一度落ち込み、40代に上昇する「M字カーブ」を描く。一方で、子育てが一段落して再就職を試みても、育児と介護を同時に抱えた「ダブルケア」の状況では勤務時間や勤務地に制約が発生するため、容易ではない。
 静岡県中部の聡美さん=50代、仮名=はシングルマザーとして小学6年の娘を育てながら、認知症の両親を9年間介護している。夜、子どもを寝かし付けた後、両親の徘徊に対する「警戒」が始まるという、心身の安まらない日々。玄関に鍵や鈴を付けても、両親は昼夜問わず、一瞬の隙を突いて出て行ってしまう。娘が幼い頃は、おんぶして捜し回った。
 聡美さんは結婚後、20年間以上勤務した会社を退職し、不妊治療の末に娘を授かった。待望の子がかわいい盛りを迎えた幸せ絶頂の時、突然始まった“トリプルケア”、そして離婚。娘には父親との別居という負担を掛けた上、一緒に入浴する、夏休みに旅行をする―といった楽しみを介護のために我慢させた。
 だからこそ、学業や習い事などは満足いくまでやらせると決めている。「母としての罪滅ぼしであり、プライド」と聡美さんは言う。

このほかの記事

Pick up イチオシ情報

静岡市葵区七間町

やきとり80(えぃてぃー)

焼き鳥がホントに美味い!それでいて安い!

静岡市葵区伝馬町

トラットリア Dai(ダイ)

彩りも豊かに野菜が美味しいイタリアン。

三島市本町

Tequila cafe Azteca (テキーラカフェ アステカ)

素材にこだわり、ヘルシーで美味しいメキシカン料理を提供します。

浜松市東区天王町

cafe soco(カフェソーコ)

心地いい店内で体にやさしい料理をお届けします。

焼津市小川

第12回 小川港さば祭り

2017年10月28日(土)

浜松市中区旭町

ブラッシュアップ女性講座2017

全6回シリーズ

富士市

富士ハロウィンフェスティバル2017

2017年10月28日(土)

静岡市葵区諏訪

第25回静岡ヘリポート祭り

2017年10月28日(土)

NEWS PAPER

見開き特集面 10月20日号

SNS

Facebook

twitter

LINE

こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」