こち女ニュース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

ダブルケア(1)母の被害妄想 育児と介護、同時進行に困惑

(2017/1/5 11:00)
母に異変が始まってから、美佳さんは母のためにノートを作り、症状や出来事をつづっている(写真の一部を加工しています)
母に異変が始まってから、美佳さんは母のためにノートを作り、症状や出来事をつづっている(写真の一部を加工しています)

 子どもを抱っこしてゆらゆらすると、自分もそうして母に育てられた、と実感する。幼い頃、熱を出した自分を抱きかかえてバスと電車を乗り継ぎ、病院に通ってくれた母。県中部に住む主婦の美佳さん=仮名、30代=は今、その母(73)から「かばんを持っていったでしょう」「財布を返して」と言われ続けている。
 母は、神奈川県内の実家で父(77)と暮らす。2年前、しっかり者の母が物を「なくした」と頻繁に騒ぐようになった。終日財布を捜しながら去り際には、長男(当時2)と次男(同0)に「靴下を買ってあげて」と5千円を渡してくる。帰宅すると「財布を返して」と電話がきた。美佳さんは本などを調べ、認知症の症状である「物取られ妄想」を確信した。
 検査を勧めたが、母は「遠慮する」の一点張りだ。兄が頼み込んだかかりつけ医が、診察で「今日の日付は」と“チェック”した際にも感づかれ「態度の悪い病院では検査しない」と怒った。
 母は40歳前に美佳さんを産んだ。今でいう高齢出産。「結婚10年でお兄ちゃん、3年待って美佳が来た」と言った。「待って」という表現が心地よかった。嫁ぐ前日、母は「川の字で寝る」と言い張り、美佳さんと父は苦笑して従った。
 それから数年。母は一見普段通りだが、鍋を焦がすなどのトラブルは起きている。被害妄想は美佳さんに集中し、電話越しで怒る様子は別人のようだ。「今度探そう」となだめ続けても心は晴れず、夫の前で泣いたり、子どもに声を荒らげてしまったりする自分に嫌気が差した。美佳さんは「簡単には実家に駆け付けられない。治療を支えたいが母は検査を拒否したまま。打開策が見えない。もどかしい」と涙をこぼした。

このほかの記事

Pick up イチオシ情報

浜松市中区肴町

毎日!北海道物産展 ネオ炉端 道南農林水産部 浜松有楽街店

イクラやタラバ蟹など北海道の美味しいものを毎日入荷!多彩な料理をお楽しみ下さい。

静岡市葵区昭和町

天空の和Dining さわ

静岡の街を見渡す最高の空間で、気軽に板前料理。“ワンランク上の居酒屋ダイニング”をお楽しみください!

掛川市八坂

言の葉の杜cafe

ほっと一息、心と身体が温まる、事任八幡宮前のカフェです。

静岡市葵区人宿町

ルモマン(Vin et Dessert le moment)

女性ソムリエが営むワインとデザートのマリアージュがおすすめのワインバー。

森町一宮

遠江国一宮 小國神社 どんど焼祭

2019年1月20日(日)

島田市金谷

すべらず地蔵尊祈願祭

2019年1月20日(日)

浜松市天竜区山東

遠州光明山 初甲子祭(はつきのえねさい)

2019年1月20日(日)

焼津市西島

第47回焼津市駅伝競走大会

2019年1月20日(日)

NEWS PAPER

見開き特集面 1月18日号

SNS

Facebook

twitter

LINE

こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」