こち女ニュース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

進め!ママチャリ(番外編)自転車専門店に聞く「選ぶコツ」

(2016/10/9 19:37)
タイヤが小さい低重心タイプが人気。手前右が「bikke(ビッケ)」、左は「Angelino(アンジェリーノ)」=静岡市駿河区の「バイシクルわたなべ」カネボウ通り店
タイヤが小さい低重心タイプが人気。手前右が「bikke(ビッケ)」、左は「Angelino(アンジェリーノ)」=静岡市駿河区の「バイシクルわたなべ」カネボウ通り店
電動アシスト自転車の充電池は簡単に取り外せる。重さは2キロほどと軽い
電動アシスト自転車の充電池は簡単に取り外せる。重さは2キロほどと軽い

 前かご付き自転車の中で、子どもを2人まで乗せることができる「ママチャリ」は、子育て中のママたちの“足”として普及している。ママたちの支持を集める人気車種や、入手前に知っておきたい注意点を取材した。

 ■シールで車種確認
 自分に合った「ママチャリ」を選ぶポイントはあるのか。静岡、浜松両市に店舗を構え、「ママチャリ」やスポーツ用自転車を販売する「バイシクルわたなべ」カネボウ通り店(静岡市駿河区)の木下潤店長(31)によると、子どもの年齢や体重、何人乗せるかによって勧める車種は異なるという。
 強度の関係で1人も乗せられない車種、1人まで可能な車種、2人を乗せることができる車種がある。また、どれにもチャイルドシートを取り付けられる訳ではない。2人乗り該当車はフレームに貼ってあるシールが目印。重量があり安定していて、前輪ロックが付いていたり、スタンドが強固だったりと転倒しにくい構造になっている。
 2人を乗せる場合、「前席は1~3、4歳、後席は6歳未満というおおまかな目安があるものの、実際は車種によって異なるので、店で確認してほしい」と木下さんは語る。
 来店するのは、多くが子どもが3歳くらいになり、ベビーカーをそろそろ卒業…という時期に差し掛かった母親が多く、乗り心地や安全性に関心が高いという。1人乗せるのであれば、まずはバランスを取りやすい後部からチャイルドシートを取り付け、第2子など必要に応じて前部にも取り付けるよう店では勧めている。

子ども2人を乗せられる車種に貼られているシール(写真の一部を加工しています)
子ども2人を乗せられる車種に貼られているシール(写真の一部を加工しています)
1人も乗せられない車種には注意を促すシールが
1人も乗せられない車種には注意を促すシールが

このほかの記事

Pick up イチオシ情報

浜松市中区鍛冶町

Petit ami cafe creperie&brasserie(プティアミカフェ クレープリー&ブラッスリー)

昼はガレットとクレープの専門店。 夜はフレンチ惣菜とお酒を楽しめる街中カフェ。

駿東郡長泉町納米里

cafe&Deli ano temari(アノテマリ)

フランス風のおしゃれなデリカフェ。リラックスできる空間で、いつもと違う時間を。

袋井市豊沢

法多山尊永寺 ごりやくカフェ 一乗庵

土・日・月曜日のランチタイムにだけ開く小さなカフェです。

浜松市中区常盤町

High Meal(ハイミール)

こだわりの空間で本格ハンバーガーと極上赤身ステーキを用意しています。

伊豆の国市

暮らしのタカラモノ

2017年10月21日(土)~28日(土)

南伊豆町石廊崎

石廊埼灯台一般公開

2017年10月28日(土)

静岡市駿河区南町

静岡科学館る・く・る わくわく科学工作【10月・11月】

2017年10月22日(日)、11月5日(日)

静岡市葵区諏訪

第25回静岡ヘリポート祭り

2017年10月28日(土)

NEWS PAPER

見開き特集面 10月20日号

SNS

Facebook

twitter

LINE

こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」