こち女ニュース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

<親子に時間を>育児と政治(2)「女は家庭」法律通じず

(2016/6/2 11:00)
休日の団らんを楽しむ家族=静岡市内(写真と本文は関係ありません)
休日の団らんを楽しむ家族=静岡市内(写真と本文は関係ありません)

 少子高齢化に対し、政府は女性が育児期に離職する、いわゆるM字カーブを緩和しようと、保育の受け皿整備と育児休業(育休)を進めた。2006年から約1年間、本県選出で厚生労働相を務めた元衆院議員柳沢伯夫さん(現・城西国際大学長)は「経済成長には労働力人口が必要。だから女性の仕事と育児の両立を支援した。保育は税金を充てるしかなく、財源獲得競争になった。育休には雇用保険という財源があった」と明かす。
 しかし、育休を希望しながら取得できず、両立がかなわない女性たちがいる。
 「私も活躍したいのに、どこで活躍すればいいの」。0歳児を育てている県中部の専業主婦(28)は「1億総活躍社会」という言葉を聞くたびに心がざわつく。正社員として勤めていた会社で、育休はおろか、産前産後休業も取得できず、やむなく退職したからだ。

このほかの記事

Pick up イチオシ情報

御殿場市神山

カジュアルダイニング ALTO PIANO(アルトピアノ)

焼きたてパンが食べ放題のハーフビュッフェレストラン。

静岡市葵区昭和町

天空の和Dining さわ

静岡の街を見渡す最高の空間で、気軽に板前料理。“ワンランク上の居酒屋ダイニング”をお楽しみください!

静岡市葵区伝馬町

トラットリア Dai(ダイ)

彩りも豊かに野菜が美味しいイタリアン。

静岡市葵区常磐町

Frankrin(フランクリン)

静岡市で唯一の手作り無添加ソーセージと自然派ワインのお店です。

浜松市北区引佐町奥山

南高梅狩り<梅の杉山園>

2018年6月20日(水)~7月上旬(予定) ※梅がなくなり次第終了

小山町湯船

第9回金太郎産湯の郷・湯船あじさいまつり

2018年6月23日(土) アジサイの見頃/6月中旬~下旬 ホタル観賞/6月中旬~下旬

森町一宮

極楽寺 あじさい寺 あじさいまつり

2018年6月2日(土)〜7月上旬(予定)

沼津市井出

蓮興寺 第18回観蓮会

観蓮会/2018年6月30日(土)花の見頃/6月中旬~7月下旬

NEWS PAPER

見開き特集面 6月15日号

SNS

Facebook

twitter

LINE

こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」