こち女ニュース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

<親子に時間を>育児と政治(2)「女は家庭」法律通じず

(2016/6/2 11:00)
休日の団らんを楽しむ家族=静岡市内(写真と本文は関係ありません)
休日の団らんを楽しむ家族=静岡市内(写真と本文は関係ありません)

 少子高齢化に対し、政府は女性が育児期に離職する、いわゆるM字カーブを緩和しようと、保育の受け皿整備と育児休業(育休)を進めた。2006年から約1年間、本県選出で厚生労働相を務めた元衆院議員柳沢伯夫さん(現・城西国際大学長)は「経済成長には労働力人口が必要。だから女性の仕事と育児の両立を支援した。保育は税金を充てるしかなく、財源獲得競争になった。育休には雇用保険という財源があった」と明かす。
 しかし、育休を希望しながら取得できず、両立がかなわない女性たちがいる。
 「私も活躍したいのに、どこで活躍すればいいの」。0歳児を育てている県中部の専業主婦(28)は「1億総活躍社会」という言葉を聞くたびに心がざわつく。正社員として勤めていた会社で、育休はおろか、産前産後休業も取得できず、やむなく退職したからだ。

このほかの記事

Pick up イチオシ情報

静岡市葵区人宿町

カレーグリル徳右衛門

厳選されたお肉のグリルや特製カレーをお楽しみいただけます。

下田市三丁目

黒船屋

まごころ込めたおもてなし料理が自慢です。

磐田市岩井

うまみ処 六番

おなじみの和食メニューをちょっとアレンジ、居心地のよい空間で美味しい料理とお酒を。

熱海市上多賀

COEDA HOUSE(コエダハウス)

アラスカヒノキの角材を49層に積み上げた店内から水平線を一望できる絶景カフェです。

浜松市東区

進化の五億年

2018年10月23日(火)〜10月28日(日)

榛原郡吉田町川尻

県営吉田公園 2018オータムフェスタ かかしをつくろう

2018年10月21日(日)、28日(日)

静岡市葵区

中村潤子絵画展

2018年10月23日(火)~28日(日)

富士宮市麓

毛無山の紅葉

見頃/2018年10月下旬~11月上旬

NEWS PAPER

見開き特集面 10月19日号

SNS

Facebook

twitter

LINE

こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」