こち女ニュース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

<親子に時間を>イクメンの選択(6・完)識者インタビュー

(2016/3/1 11:00)

 育児に積極的な男性「イクメン」が増えると今後の日本人の働き方は変わるのか。イクメンが直面している日本的雇用慣行の課題について浜口桂一郎労働政策研究・研修機構主席統括研究員(57)に、イクメン世代の意識とその背景を田中俊之武蔵大助教(40)=男性学=に聞いた。

 ■雇用慣行の根源議論 浜口桂一郎・労働政策研究・研修機構主席統括研究員
 ―日本的雇用慣行について教えてください。
 「戦後から労使で積み上げた規範としての雇用の在り方。典型的な点が長期雇用、年功処遇の中で職務、時間、場所を無限定に働くこと」

 ―世界的にみた特徴とは何ですか。
 「学歴で社員、準社員、職工と分かれる身分制を戦後に解消し、ホワイトカラーとブルーカラーを同じ社員とした上で長期雇用、年功処遇の仕組みを築いた。男性に限れば世界で先駆的に平等化した企業社会だ。無限定に働く『頑張る』人は上に上がれる。出世民主主義と呼び、社会全体の効率を維持できた。欧米は今も職務による身分制が残っている」

 ―日本企業に今、何が起きていますか。
 「子どもを抱えた女性は男性同様に『頑張る』ことはできない。男性に限れば平等な企業社会を実現したために、後から女性を入れるのが難しいという皮肉な状況にある。どこまで『頑張る』かも職務で決まっている欧米は、不平等かもしれないが、男女とも無限定に働かなくても、それなりの生活ができる」

 ―日本企業の今後を展望してください。
 「労働力人口が減る中、育児や介護をしながら働く人が増えれば、転勤や長時間労働ができない人が多数派となる。将来的には労働時間を規制しなければ、社会は持続できなくなる。ただ、平等な企業社会をどの程度諦めるのかという問題でもある。雇用慣行は法律ではないので労働者の間で根源から議論し、時間をかけて解決するしかない」

このほかの記事

Pick up イチオシ情報

静岡市葵区人宿町

ワイン食堂 GAV(ガブ)

世界のワインと、その魅力をひきたてる料理でもてなす「ワイン食堂」です。ワインを日常に楽しみませんか?

浜松市東区材木町

style casa(スタイルカーサ)

やわらかい自然光が差し込む開放的なカフェへ、ようこそ。

静岡市清水区江尻東

Bon Masuda(ボン・マスダ)

掘りごたつに座布団、お箸で楽しむフレンチ。肩ひじ張らずに、本格的なフランスの食文化をお楽しみください。

静岡市葵区昭和町

天空の和Dining さわ

静岡の街を見渡す最高の空間で、気軽に板前料理。“ワンランク上の居酒屋ダイニング”をお楽しみください!

島田市南

第25回蓬萊橋ぼんぼり祭り

2018年5月26日(土)、27日(日)

静岡市葵区

第14回静岡おまちバル

2018年5月25日(金)~26日(土)※27日(日)はおみやげ・体験バルのみ

静岡市駿河区南八幡町

未来発見!おしごと体験フェア

2018年5月26日(土)、27日(日)

富士市桑崎

お茶フェスタ in 富士山こどもの国

2018年5月26日(土)

NEWS PAPER

見開き特集面 5月18日号

SNS

Facebook

twitter

LINE

こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」