こち女ニュース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

「わが子」に会いたい~離婚と面会交流(5・完)「子の利益」当事者任せ

(2016/2/3 11:00)
兵庫県明石市が窓口で配る資料。面会交流の頻度を書き込む合意書や、両親が子どもの情報を共有する交流ノートも
兵庫県明石市が窓口で配る資料。面会交流の頻度を書き込む合意書や、両親が子どもの情報を共有する交流ノートも

 面会交流について改正民法は「子どもの利益を最優先に両親が協議する」とし、実現を保障しているわけではない。当事者任せの現状で、離婚を経た両親が同じ「子の利益」を描くことは容易でなく、「会えない親子」は絶えない。こうした中、両親による子育て(共同養育)の意義を伝える取り組みが県外の自治体や民間団体によって始まっている。一方、離別親(別居する親)の団体はより踏み込んだ法制化を求めて声を上げる。
 兵庫県明石市は民法改正を受けて2014年、全国に先駆けて「こども養育支援ネットワーク」の運用を始めた。
 同市が窓口で渡す離婚届はぶ厚い。両親が面会交流の頻度や養育費の額などを書き込み、契約書とする「養育に関する合意書」や、「離れて暮らす親と気軽に会えるようにして」などと子どもの気持ちを記した冊子などが挟んであるからだ。
 市は関係機関と連携を強化。意識啓発にとどまらず、元家裁調査官らが面会交流や養育費の相談に応じる専門相談などの体制も充実させた。市民相談室の村山由希子課長は「窓口を持つ基礎自治体として、渦中の両親に関わりを持てる特徴を生かしたい」と話す。

このほかの記事

Pick up イチオシ情報

静岡市葵区富士見町

カフェスタジオ@シズオカ

静岡発!~しずおかパンケーキ~の隠れ家的カフェ。

浜松市浜北区東美薗

中国料理 あじさい

お酒に合う、彩り鮮やかな中華料理をぜひ一度ご賞味ください。

静岡市葵区鷹匠

Smacznego(スマッチネゴ)

ポーランドに長年滞在していた経験を基に、本場ビストロの味を再現。

浜松市東区有玉西町

fruta restaurante Novela(フルッタリストランテ ノベラ)

果物をゆっくりとおいしく味わうあなたらしい時間を。

静岡市葵区産女

動物愛護館 ねこの日ネコ展

2018年2月18日(日)

富士市岩本

岩本山公園 観梅コンサート

2018年2月18日(日)

藤枝市原

藤枝 音羽山清水寺 観音大縁日

2018年2月17日(土)~19日(月)

富士市柳島

なんでも富士山2018

2018年2月17日(土)、18日(日)

NEWS PAPER

見開き特集面 2月16日号

SNS

Facebook

twitter

LINE

こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」