こち女ニュース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

「わが子」に会いたい~離婚と面会交流(2)親権争い さらなる遺恨

(2016/1/29 11:00)
最初に実家に帰った時、娘たちに着せていた服を見るさゆりさん。「会えないのが苦しくて、ずっとしまい込んだままだった」と涙ながらに語った=昨年12月
最初に実家に帰った時、娘たちに着せていた服を見るさゆりさん。「会えないのが苦しくて、ずっとしまい込んだままだった」と涙ながらに語った=昨年12月

 日本が先進諸国で唯一、採用している「単独親権制」は離婚後、片方の親しか親権者になれない。面会交流の保障がない現状は、「親権を失えばわが子に会えなくなるかもしれない」という懸念を生み、両親の親権争いは激化する。対立は離婚後も遺恨となり、面会交流の実現をさらに難しくしている。
 県中部のさゆりさん=40代、仮名=は、4年近く、娘たちに忘れられた母だった。2010年春、同居していた義父との関係が悪化し、5歳と2歳の娘を連れ実家に戻った。春休みが明け、「幼稚園に行きたい」と言う長女がかわいそうで、迎えに来た夫に2人を渡した。しばらくして「親子4人だけで暮らしたい」と訴えようと自宅に戻ったが、夫に追い返された。別の日、娘の顔が見たくて習い事の会場に行くと、そこにいた義父に叱られた。
 円満解決を目指し静岡家裁に調停を起こしたが決裂し、離婚は避けられなくなった。親権争いは、その時に育てている親が有利になる。さゆりさんが「あのまま娘と一緒に暮らしていれば、自分が親権者になれた」と気付いた時には遅かった。身を切られる思いだった。事態を打開するには、元夫について「親の適性がない」と批判を繰り返すしかなかった。

このほかの記事

Pick up イチオシ情報

駿東郡長泉町納米里

cafe&Deli ano temari(アノテマリ)

フランス風のおしゃれなデリカフェ。リラックスできる空間で、いつもと違う時間を。

静岡市清水区江尻東

Bon Masuda(ボン・マスダ)

掘りごたつに座布団、お箸で楽しむフレンチ。肩ひじ張らずに、本格的なフランスの食文化をお楽しみください。

静岡市葵区両替町

Shizuoka BBQ TERRACE(静岡バーベキューテラス)

静岡街中の屋上で“静岡食材”を味わう、手ぶらで産地直送BBQ♪

静岡市葵区常磐町

Frankrin(フランクリン)

静岡市で唯一の手作り無添加ソーセージと自然派ワインのお店です。

浜松市天竜区熊

第24回 道の駅 くんま水車の里 大寒謝祭

2018年2月18日(日)

浜松市浜北区根堅

岩水寺 星まつり(春の大祭)

2018年2月18日(日)

富士市岩本

岩本山公園 観梅コンサート

2018年2月18日(日)

静岡市葵区産女

動物愛護館 ねこの日ネコ展

2018年2月18日(日)

NEWS PAPER

見開き特集面 2月16日号

SNS

Facebook

twitter

LINE

こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」