こち女ニュース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

「わが子」に会いたい~離婚と面会交流(1)裁判勝っても保障なく

(2016/1/28 11:00)
「息子との思い出の品もなくなってしまった」と語る幸二さん=2015年12月
「息子との思い出の品もなくなってしまった」と語る幸二さん=2015年12月

 親が離婚した未成年の子は全国で22万人を超える(2014年、厚生労働省調べ)。別居する親子が定期的に会う「面会交流」は11年に改正した民法で初めて明文化され、子の利益を最優先に協議するように促しているが、14年の日本弁護士連合会(日弁連)調査では、子と別居している親の4割が面会できていないことが明らかになった。親子がなぜ会えないのか。課題を追った。
 ◇--◇--◇
 静岡県内に住む幸二さん=40代、仮名=は、街で家族連れを見るのがつらい。元妻が離婚前に実家に連れ帰ったまま、2年間会えずにいる小学生の息子を思い出すからだ。「なぜ自分だけこうなってしまったんだろう」
 息子と会話したのは、離婚調停中の「面会交流」が最後だった。肌寒い日、待ち合わせ場所の公園の入り口に15分前に着き、「会わない間に嫌われていないかな」とどきどきしながら待った。心配をよそに、息子は「パパ!」と全力で駆け寄ってきた。鬼ごっこやボール投げといったいつもの遊びに、息子は歓声を上げた。幸二さんは同居中に風呂で遊んだことや、送迎をした車内でのたわいない会話を思い出し、胸が熱くなった。
 「次も会おうね」という父子の約束は、かなわなかった。離婚成立から少したち、次回の日程調整を求めるメールを元妻に送ったが、連絡が途絶えた。親権を譲った直後の「強行」だった。

このほかの記事

Pick up イチオシ情報

静岡市葵区人宿町

ワイン食堂 GAV(ガブ)

世界のワインと、その魅力をひきたてる料理でもてなす「ワイン食堂」です。ワインを日常に楽しみませんか?

浜松市中区千歳町

旬天 COROMO(シュンテンコロモ)

季節の厳選食材を寛ぎの空間で。落ち着いた雰囲気で自慢のえび天を堪能!

浜松市中区肴町

#THE LOFT(ザ ロフト)

アンテナ高めな大人たちの溜まり場Bar。

三島市一番町

創作cafediningてっぱんや

三島産丹那はこ豚やあしたか牛の鉄板料理が自慢。駿河湾の魚、牛ステーキも自信あり!

掛川市駅前

第87回 かけがわ「けっトラ市 大豊作市」

2017年12月16日(土)

静岡市葵区水見色

高山・市民の森フェスタ

2017年12月17日(日)

掛川市大渕

サンサンファーム うまいもの市

2017年12月17日(日)

沼津市大手町

第48回沼津農林まつり

2017年12月17日(日)

NEWS PAPER

見開き特集面 12月15日号

SNS

Facebook

twitter

LINE

こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」