こち女ニュース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

「わが子」に会いたい~離婚と面会交流(1)裁判勝っても保障なく

(2016/1/28 11:00)
「息子との思い出の品もなくなってしまった」と語る幸二さん=2015年12月
「息子との思い出の品もなくなってしまった」と語る幸二さん=2015年12月

 親が離婚した未成年の子は全国で22万人を超える(2014年、厚生労働省調べ)。別居する親子が定期的に会う「面会交流」は11年に改正した民法で初めて明文化され、子の利益を最優先に協議するように促しているが、14年の日本弁護士連合会(日弁連)調査では、子と別居している親の4割が面会できていないことが明らかになった。親子がなぜ会えないのか。課題を追った。
 ◇--◇--◇
 静岡県内に住む幸二さん=40代、仮名=は、街で家族連れを見るのがつらい。元妻が離婚前に実家に連れ帰ったまま、2年間会えずにいる小学生の息子を思い出すからだ。「なぜ自分だけこうなってしまったんだろう」
 息子と会話したのは、離婚調停中の「面会交流」が最後だった。肌寒い日、待ち合わせ場所の公園の入り口に15分前に着き、「会わない間に嫌われていないかな」とどきどきしながら待った。心配をよそに、息子は「パパ!」と全力で駆け寄ってきた。鬼ごっこやボール投げといったいつもの遊びに、息子は歓声を上げた。幸二さんは同居中に風呂で遊んだことや、送迎をした車内でのたわいない会話を思い出し、胸が熱くなった。
 「次も会おうね」という父子の約束は、かなわなかった。離婚成立から少したち、次回の日程調整を求めるメールを元妻に送ったが、連絡が途絶えた。親権を譲った直後の「強行」だった。

このほかの記事

Pick up イチオシ情報

焼津市保福島

CAFE HOUSE(カフェハウス)

モーニングからランチ、バルタイムまで、ゆっくりくつろげるカフェ。

静岡市清水区銀座

Pupitre(ピュピトル)

自然派ワインとベアードビールをお楽しみください。

三島市大宮町

さくらCAFE

“三嶋大社”スグとなりのカフェ。お食事メニューも充実で、伊豆の各地域をイメージして焙煎・ブレンドしたコーヒーは絶品。

静岡市葵区黒金町

静岡ゴールデン横丁 静岡ホルモンセンター

これぞホルモン!こだわりぬいた肉を堪能してください

磐田市岡

第13回ぽかぽか市

2018年11月17日(土)

静岡市駿河区

グランシップ 冬のおくりもの2018 オープンシアターデー

2018年11月17日(土)

富士宮市外神

第1回JA富士宮農協まつり

2018年11月17日(土)

藤枝市

『立体書画』~市民文化祭出品作品展

2018年11月13日(火)~22日(木)

NEWS PAPER

見開き特集面 11月9日号

SNS

Facebook

twitter

LINE

こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」