こち女ニュース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

山里「玄関口」奮闘10年 静岡・水見色きらく市

(2018/9/13 11:00)
看板商品を手に、設立からの日々を振り返る勝山啓子代表理事(右)ら=8月上旬、静岡市葵区水見色の水見色きらく市
看板商品を手に、設立からの日々を振り返る勝山啓子代表理事(右)ら=8月上旬、静岡市葵区水見色の水見色きらく市

 静岡市葵区の山あいにある農産物加工販売所「水見色きらく市」が今秋、設立から10年目を迎える。めぼしい観光施設が少ない水見色地区にとって、山里の豊かさと人の温かさこそがかけがえのない資源。「人が人を呼ぶ」をモットーに、住民と訪問者をつなぐ交流拠点にしようと、地元の女性たちが奮闘を続けている。
 きらく市は2009年、同地区の女性農家16人が集まって開設した。施設名には「気楽にやろう」との思いを込めた。しかし、山間部の施設に継続して人を呼ぶのは簡単ではなかった。
 交流人口を増やすために力を注いだのは看板商品作り。特に、生芋から手作りしたこんにゃくを使った唐揚げやコロッケ、ソーセージは、野菜たっぷりのがんもどきとともに自慢の逸品。手間を惜しまず、体に優しくておいしい食べ物にこだわった。同市内で出張販売も行っている。
 地域の豊かな自然を生かし、幼児や小学生向けにホタル観賞や茶摘み、川遊びなどの里山体験イベントも企画して集客力を高めた。
 ただ、過疎が進む山間部の悩みは水見色地区も同じ。開設当初のスタッフは高齢化や家族の介護などで徐々に減り、現在も運営に携わるのは8人。新たに移住した女性や地区外の女性が加わり、計11人で切り盛りする。一人一人の得意分野を生かしながら効率的な働き方を追求し、経営を維持している。16年には企業組合の法人格を取得し、組織の継続を図っている。
 設立時からのスタッフ中川光枝さん(66)は「出張販売の日は早朝から準備する。年を取ってだいぶ大変になってきたけど、待っててくれる人がいるから」と精を出す。
 女性たちの奮闘は少しずつ、良い流れを生み始めた。3年ほど前から、地区内には週末だけ営業するカレー店をはじめ、ピザ店やカフェ、ドッグラン施設などが相次ぎオープンした。勝山啓子代表理事(58)は「きらく市は水見色の玄関口。山里の暮らしと環境を次世代につなぐため、できることをやっていきたい」と話す。

このほかの記事

Pick up イチオシ情報

静岡市葵区常磐町

Frankrin(フランクリン)

静岡市で唯一の手作り無添加ソーセージと自然派ワインのお店です。

浜松市東区天王町

TRATTORIA GUID(トラットリア グイド)

定番から創作までこだわりパスタを気ままに楽しんで!

御前崎市門屋

まるよ茶屋

美味しいお茶を憩いの空間で。「健康・愛情・暮らし」をテーマにしたカフェ

静岡市葵区人宿町

ルモマン(Vin et Dessert le moment)

女性ソムリエが営むワインとデザートのマリアージュがおすすめのワインバー。

浜松市西区

山形の銀彩硝子展 同時開催 お気に入り山形クラフト

2018年9月20日(木)~24日(月・振)

藤枝市岡部町新舟

玉露の里 観月祭

2018年9月22日(土)

静岡市清水区草薙

草薙神社 草薙大龍勢

2018年9月23日(日・祝)

浜松市西区舞阪町弁天島

2018年 浜名湖弁天島 すっぽん元気まつり

2018年9月22日(土)

NEWS PAPER

見開き特集面 9月14日号

SNS

Facebook

twitter

LINE

こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」