こち女ニュース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

手作り通園グッズ、豪雨被災地へ 静岡の有志「ママなりの支援」

(2018/8/25 11:00)
布を持ち寄って通園グッズを手作りする「きのこの会」メンバー=15日、静岡市葵区の市立大川こども園
布を持ち寄って通園グッズを手作りする「きのこの会」メンバー=15日、静岡市葵区の市立大川こども園

 西日本豪雨で大規模な浸水被害があった岡山県倉敷市真備町地区の市立川辺幼稚園の園児のために、静岡市の子育て支援グループ「はぴまましずおか」の呼び掛けに応じた母親らが、通園に必要なリュックなどを制作した。計432点を発送。子どもたちの夏休み明けに間に合わせた。
 はぴままがフェイスブックやインスタグラムで「弁当袋や体操着入れ、巾着リュックを提供したい」と協力を求めると、個人や団体から問い合わせが相次いだ。15日には同市葵区の市立大川こども園で、長期休暇中の学童保育を行う「きのこの会」の女性らが布を持ち寄り、手分けして縫製した。
 はぴままの池田水穂子代表は「ママたちは子連れで現地ボランティアに赴くことはできない。『静岡でできること』を求める人の多さを実感した」と話す。
 はぴままに現地の母親の声をつないだ支援団体「サンサポートオカヤマ」によると、川辺幼稚園の園児約80人の9割以上が被災し、現在は親戚宅などに身を寄せる子も多いという。園舎が深刻な被害に遭ったため、園児は9月以降、近隣の園に通う計画になっている。
 スタッフの岡本恵さんは「互いに無事だと知っていても居場所がバラバラなのでずっと会えていない。手作りの品に自分の名前を書き、友達との再会の日を待つことが、子どもたちにとってどれほど尊いことか」と協力に謝意を示した。

このほかの記事

Pick up イチオシ情報

静岡市葵区鷹匠

一銀 ichi gin(いちぎん)

だしソムリエの女将が提供する、ほっと心和む料理。充実のワインや日本酒と共に素敵な夜を。

熱海市田原本町

Bar Vacation(バーバケーション)

肩ひじ張らず気軽に楽しめるビアバー。

富士市岩本花木立

かぐや岩本山カフェ

かぐや姫の舞台を眺める山の上の絶景カフェ

御前崎市門屋

まるよ茶屋

美味しいお茶を憩いの空間で。「健康・愛情・暮らし」をテーマにしたカフェ

焼津市西島

第47回焼津市駅伝競走大会

2019年1月20日(日)

富士宮市宝町

富士高砂酒造 新春蔵開き

2019年1月20日(日)

浜松市天竜区

佐久間新そばまつり

2019年1月19日(土)、20日(日)

森町一宮

遠江国一宮 小國神社 どんど焼祭

2019年1月20日(日)

NEWS PAPER

見開き特集面 1月18日号

SNS

Facebook

twitter

LINE

こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」