こち女ニュース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

満州引き揚げ、世界へ発信 望月さんの体験、長女と孫が英訳

(2018/8/4 11:00)
英訳本と日本語版を手に取る(左から)ダグラスさん、望月郁江さん、泉さん=7月下旬、静岡市葵区
英訳本と日本語版を手に取る(左から)ダグラスさん、望月郁江さん、泉さん=7月下旬、静岡市葵区

 静岡市葵区の望月郁江さん(82)が終戦翌年の1946年、旧満州(現・中国東北部)からの引き揚げ体験を振り返った「お母ちゃんとの約束」(ペンコム、2016年)が家族により英訳され、「A PROMISE TO LIVE FOR」として1日、出版された。悲惨な戦争の記憶が薄れつつあるのは、国内に限らず海外も同様。望月さんが子や孫に語って聞かせた話は平和への祈りとして世界に発信される。
 英訳を手掛けたのは、米国人男性に嫁ぎ、日本語版を執筆した望月さんの長女の泉さん(52)と、孫のダグラスさん(21)。
 米国では旧満州に取り残された人々を知る人がほとんどおらず、出版後に周囲から英訳を求められた。ダグラスさんの英訳を基に、泉さんが有識者や夫の助言を受けて一人称の語りに変えたり、文化的に違和感がある部分を削除したりと読みやすくした。「次世代を担う子どもたちに伝えたい」という2人の思いは、戦後70年以上がたっても発熱などに苦しみながら記憶をたどった望月さんの意思にも重なる。今後、英語圏の小中学校や高校で読んでもらえるよう働き掛ける。
 望月さんは6歳の時に旧満州へ渡ったが、終戦後の混乱で母が体調を崩し、父は幼い望月さんと弟を知人男性に託して先に帰国させようとした。ところが、出発してすぐ男性とはぐれ、子ども2人だけで帰国船が出る港まで550キロの道のりを歩いた。1カ月半掛けて着いた静岡には行き違いで一足先に父が帰郷していて、母が現地で亡くなったと知らされた。
 英訳にあたっては歴史認識にも気を配った。米国は中国や韓国にルーツを持つ人もいる多民族国家。「誰も傷つけたくない。この本は愛情の尊さと、それを簡単に引き裂く戦争の恐ろしさを伝えている。国境を越えて共感を得られるはず」と泉さん。ダグラスさんも「書籍になれば後世に残せる。二度と過ちが繰り返されないよう、体験を語り継ぐ貢献ができて光栄」と話す。
 問い合わせはペンコム<電078(914)0391>へ。

このほかの記事

Pick up イチオシ情報

静岡市葵区紺屋町

12‐Twelve(トゥエルブ)

静岡駅より約5分。多彩なクラフトビールが揃う専門店。

熱海市田原本町

Bar Vacation(バーバケーション)

肩ひじ張らず気軽に楽しめるビアバー。

磐田市岩井

うまみ処 六番

おなじみの和食メニューをちょっとアレンジ、居心地のよい空間で美味しい料理とお酒を。

静岡市葵区昭和町

天空の和Dining さわ

静岡の街を見渡す最高の空間で、気軽に板前料理。“ワンランク上の居酒屋ダイニング”をお楽しみください!

浜松市南区

第4回遠州パンまつり

2018年10月21日(日)

磐田市掛塚

掛塚まつり(貴船神社祭典)

2018年10月20日(土)、21日(日)

裾野市石脇

2018市民のふれあいフェスタすその

2018年10月20日(土)、21日(日)

三島市長伏

第84回秋の三島みどりまつり

2018年10月20日(土)、21日(日)

NEWS PAPER

見開き特集面 10月19日号

SNS

Facebook

twitter

LINE

こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」