こち女ニュース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

磐田のウナギ老舗 母娘3人、のれん守る

(2018/7/21 11:00)
母娘3人で店を切り盛りする中村屋=20日午前、磐田市
母娘3人で店を切り盛りする中村屋=20日午前、磐田市

 次女がさばいたウナギを母が焼き、長女が接客する―。今年創業70年のうなぎ料理店「中村屋」(磐田市駒場)は、母娘3人でのれんを守り続けている。「さばきたて、焼きたて」にこだわる伝統の味に、世代を超えて足を運ぶ常連客は多い。「土用の丑(うし)」の20日も店は大忙し。開店前から3人がせわしなく動き回っていた。
 「食べる直前にさばいたウナギが一番おいしい」。次女の岩本奈美さん(38)は、来店客の注文を受けてから1尾ずつ丁寧に包丁を入れる。背開きしたウナギは、母の仲村幸子さん(67)が担当する焼き台の上へ。こだわりの炭火でじっくり焼き上げた後、長女の岩本亜紀さん(42)が盛り付けて客に運ぶ。
 店によって東西が分かれる焼き方の形式にはこだわらない。焼く前に蒸す関東風、蒸さずに焼く関西風―。ウナギの状態に合わせ、より良い方を選ぶ。奈美さんは「どちらが良いかはウナギを見れば分かる。結果的においしければいい」と言う。
 1948年創業。順調だった店の経営は、92年に2代目清重さんの死去で一変した。大黒柱を失った妻の幸子さんは閉店も考えたが、常連客らの後押しも受けて2カ月後に営業を再開。高校を卒業した奈美さんも店を手伝い、数年後には京都や横浜などで料理の修行を始めた。友人との関係を断ち、自分の時間もない。「いつも泣いてばかり」だったが、それでも続けられたのは「店を守る。その一心」と振り返る。
 イラストレーターを志した亜紀さんも店で働きだし、13年ほど前から3人の奮闘が始まった。チームワークで店を切り盛りし、今では「あうんの呼吸というか、いろいろ言わなくても分かる」と互いに信頼を寄せる。
 ウナギ資源が減少する厳しい時代、それでも今年は値上げもせずに家族で店を守り続ける。「最近の災害を考えれば、仕事をして毎日を過ごせるのがどんなに幸せか」と幸子さんは思う。その日々を積み重ねた先に、「いつか100年目を迎えられたらいいですね」。3人はそんな未来を描いている。

このほかの記事

Pick up イチオシ情報

三島市本町

Tequila cafe Azteca (テキーラカフェ アステカ)

素材にこだわり、ヘルシーで美味しいメキシカン料理を提供します。

御前崎市門屋

まるよ茶屋

美味しいお茶を憩いの空間で。「健康・愛情・暮らし」をテーマにしたカフェ

静岡市葵区人宿町

ワイン食堂 GAV(ガブ)

世界のワインと、その魅力をひきたてる料理でもてなす「ワイン食堂」です。ワインを日常に楽しみませんか?

掛川市八坂

言の葉の杜cafe

ほっと一息、心と身体が温まる、事任八幡宮前のカフェです。

伊東市渚町

第25回伊東温泉めちゃくちゃ市

2019年1月26日(土)、27日(日)

静岡市葵区千代

第6回オクシズ森林の市

2019年1月27日(日)

伊豆の国市長岡

第54回鵺ばらい祭

2019年1月27日(日)

静岡市駿河区

グランシップ静岡能

2019年1月27日(日)

NEWS PAPER

見開き特集面 1月18日号

SNS

Facebook

twitter

LINE

こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」