こち女ニュース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

ジオの恵み、海藻で表現 伊豆「ジオリア」新展示へ

(2018/6/23 11:00)
色鮮やかな海藻パネルを手に、伊豆半島ジオパーク推進協議会の職員と展示方法を話し合う野田三千代会長(右)=伊豆市の「ジオリア」
色鮮やかな海藻パネルを手に、伊豆半島ジオパーク推進協議会の職員と展示方法を話し合う野田三千代会長(右)=伊豆市の「ジオリア」

 伊豆市修善寺の伊豆半島ジオパークミュージアム「ジオリア」に今夏、地殻変動や火山噴火がもたらした伊豆の海の恵みを紹介するため、常設展示に海藻コーナーが新たに加わる。監修する海藻おしば協会の野田三千代会長=同市=は「展示を見て、伊豆半島の海を誇りに思う人が増えればうれしい」と願う。
 「カラフルな海藻パネルは来場者の目を引きそう」「特産のテングサを詳しく紹介してはどうか」。5月下旬、ジオリアを訪れた野田会長は、施設を管理する伊豆半島ジオパーク推進協議会専任研究員の鈴木雄介さんらと打ち合わせを行い、位置や展示方法について意見交換した。
 伊豆半島は変化に富んだ海岸線の地形が特徴。この地形が生物の多様性につながり、伊豆半島近くの海は「海藻の宝庫」と呼ばれ、全国有数の藻場として知られる。生育する海藻は約400種類とも言われている。世界認定を機にジオリアは、伊豆の豊富な海藻の展示の充実を企画。素材提供や展示物の作成を依頼された野田会長は、二つ返事で引き受けた。
 海藻おしばは、浜辺に打ち上げられた海藻を採集し、塩抜き、整形、乾燥などの作業を行い、押し花のようにアートとして楽しむ。ジオリアでは海藻おしば15種類のパネルを展示するほか、ノリやワカメ、テングサなど、食卓で親しまれる海藻の標本や加工品も紹介していくという。
 野田会長は筑波大下田臨海実験センター(下田市)の研究補助の仕事で海藻の標本に出合い、色彩や造形の美しさに引かれた。学生時代にデザインを専攻した経験を生かし、海藻おしばの普及を30年以上続ける。全国で毎年約3500人を対象に教室を開くなどして、海藻おしばを通じて海水の浄化など海藻の役割も伝える。野田会長は「展示をきっかけに、海の環境保全への意識が高まれば」と期待を寄せる。

このほかの記事

Pick up イチオシ情報

静岡市葵区横内町

Deli Cafe & bar HAHAHA

昼は熟成肉を使ったサンドイッチ、夜は創作バルのお店に変身。

熱海市田原本町

間瀬CAFE

創業明治5年の老舗和菓子店の和カフェ。

静岡市葵区鷹匠

お野菜とお肉の炭火焼きcomodo(コモド)

旬の味をそのままに。カラダが喜ぶ料理の数々。

静岡市葵区西門町

ごはんカフェSHIMADAKE

常磐公園そば!ごはんがおいしいくつろぎカフェ。

袋井市

袋井市役所 陶芸教室展示会

2018年9月24日(月・振)~30日(日)

静岡市清水区入船町

エスパルスドリームプラザ 秋のお菓子フェア

2018年9月22日(土)~10月1日(月)

掛川市上西郷

西郷大祭

2018年9月28日(金)~30日(日)

浜松市南区中田島町

はままつビーチフェス

2018年9月30日(日)

NEWS PAPER

見開き特集面 9月21日号

SNS

Facebook

twitter

LINE

こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」