こち女ニュース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

妊活クライシス、経験を本に 静岡出身の女優加藤貴子さん

(2018/5/16 16:45)
本を手に「自分の経験が役に立てばうれしい」と話す女優の加藤貴子さん。妊活中は夫婦関係の再構築ができたと振り返る=静岡市駿河区登呂の静岡新聞社制作センター
本を手に「自分の経験が役に立てばうれしい」と話す女優の加藤貴子さん。妊活中は夫婦関係の再構築ができたと振り返る=静岡市駿河区登呂の静岡新聞社制作センター

 不妊治療を経て、40代で2度、出産した女優加藤貴子さん(47)=静岡市清水区出身=が「大人の授かりBOOK 焦りをひと呼吸に変えるがんばりすぎないコツ」を出版した。思い通りに進むとは限らない妊活中は夫婦関係が悪化する「妊活クライシス」に陥ることもある。加藤さんが実践した心を軽くする生活習慣などをつづった。
 42歳で不妊治療を始めた加藤さんは、男性不妊や流産などを経て44歳で第1子、46歳で第2子を産んだ。「私たちも治療を始めてすぐに『妊活クライシス』に陥りました」と明かす。最初の壁は夫婦の「本気度のずれ」だった。
 年齢を考慮し、体外受精など高度な治療方針でスタートした不妊治療。常にあうんの呼吸で進むと思いきや、子どもを望む気持ちに温度差があった。行き場のない焦りと不安から、ある時加藤さんの不満が爆発。「その時初めて夫に本気度が伝わった」
 通院、服薬、検査に採卵、移植手術など、妊活の実態は妻への負担が大きい。そんな時、夫に求めたのは「心の揺れに対する寄り添い」だった。「一番寄り添ってほしい人に分かってもらえない寂しさは、やがてあきらめや絶望になる。これが妊活クライシスだと思う」

このほかの記事

Pick up イチオシ情報

静岡市駿河区用宗

広東料理 棗(なつめ)

安心安全な素材を使用した本格的な広東料理をお楽しみください。

藤枝市瀬戸ノ谷

水車むら

素朴で豊かな昔ながらのくらしができる古民家体験へようこそ!

静岡市葵区伝馬町

トラットリア Dai(ダイ)

彩りも豊かに野菜が美味しいイタリアン。

静岡市駿河区大谷

LeiMana cafe(レイマナカフェ)

大学生も、お子様連れもみんな嬉しい癒しのハワイアンカフェ

富士宮市

食欲の秋を楽しんだ後は、ちょっとお休み!

2018年10月16日(火)、20日(土)の2日間

ハママツ・ジャズ・ウィーク

2018年10月20日(土)~28日(日)

静岡市葵区諏訪

第26回静岡ヘリポート祭り

2018年10月20日(土)

浜松市北区都田町

みかん狩り<はままつフルーツパーク時之栖>

2018年10月中旬~12月中旬

NEWS PAPER

見開き特集面 10月12日号

SNS

Facebook

twitter

LINE

こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」