こち女ニュース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

富士の産院、助産所とスタッフをシェア 母子の支援、切れ目なく

(2018/5/9 11:00)
中山真人院長(左手前)と堀田久美さん(右)の下で働く伊藤千恵さん(左奥)と迫川文香さん=4月下旬、富士市
中山真人院長(左手前)と堀田久美さん(右)の下で働く伊藤千恵さん(左奥)と迫川文香さん=4月下旬、富士市

 富士市の産院富士レディースクリニックと菜桜(なお)助産所が手を組み、両方の施設を行き来する助産師2人を新たに採用した。シェアスタッフとして週4日は産院で、週1日は助産所で働く。お産を終えて退院した母子を切れ目なく支えられ、長期的に母子に寄り添って産後ケアや育児相談を担う「地域の助産師」の育成にもつながる。
 助産師の勤務先は病院が60%以上を占め、30%近くが産院。助産所で働く人は5%に満たない。正常からハイリスクまで幅広い分べんを扱う病院と、「地域の助産師」として分べんから乳房ケア、育児相談まで継続的に母子と関わる助産所では、仕事の内容もやりがいも異なる。
 「助産所の仕事を魅力に感じている助産師は多いが、自前で雇って育てるのは難しい。地域で働きたい助産師に、機会を用意できないか」。同助産所の堀田久美さん(51)の相談に、嘱託医の中山真人院長(42)が応じた。
 産院側が4月から、2人を週休3日の正職員として雇った。週1日は助産所での副業を許可する形で、助産所側は、勤務内容に応じて報酬を出す。県助産師会によると、産院と助産所の両方で働く助産師はいるが、正職員としての採用は珍しい。
 採用された伊藤千恵さん(27)と迫川文香さん(26)はいずれも元総合病院勤務で、結婚を機に市外から移住した。迫川さんは「母子と病院は点のつながりになりがちだが、助産所は長い線のつながり。両方の経験を力に、お母さんが楽しく育児ができる環境をつくりたい」と意気込む。
 中山院長は「産院は分べんで忙しく、産後ケアが必要な人を満足に支えきれない側面がある。母子に寄り添いたいという熱いハートを持った人が来てくれてうれしい」と歓迎する。クリニックを退院した母子のニーズに応じて同助産所を紹介するなど、連携を強める。シェアスタッフは引き続き募集している。

このほかの記事

Pick up イチオシ情報

静岡市清水区蛇塚

Ainaかふぇ(アイナカフェ)

静岡では珍しいハワイ名物「マラサダ」の専門店。ふわふわのできたてを是非お楽しみください!

静岡市清水区銀座

Pupitre(ピュピトル)

自然派ワインとベアードビールをお楽しみください。

御前崎市門屋

まるよ茶屋

美味しいお茶を憩いの空間で。「健康・愛情・暮らし」をテーマにしたカフェ

浜松市中区肴町

毎日!北海道物産展 ネオ炉端 道南農林水産部 浜松有楽街店

イクラやタラバ蟹など北海道の美味しいものを毎日入荷!多彩な料理をお楽しみ下さい。

富士市柳島

ふじBousai2018

2018年11月17日(土)

浜松市中区

Whitney Houston Super Tribute by Diane Gordon

2018年11月15日(木)~17日(土)

伊豆市

<修善寺虹の郷>もみじライトアップ

2018年11月15日(木)~12月2日(日)

静岡市清水区蒲原

第16回蒲原宿場まつり&産業フェア

2018年11月18日(日) ※17日(土)は宵祭り

NEWS PAPER

見開き特集面 11月9日号

SNS

Facebook

twitter

LINE

こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」