こち女ニュース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

子育て世代の農業体験応援 浜松の企業が予約サイト

(2018/3/8 11:00)
ハーブの収穫を楽しむ母親ら=2月上旬、浜松市西区のヤママツ鈴木農園
ハーブの収穫を楽しむ母親ら=2月上旬、浜松市西区のヤママツ鈴木農園

 浜松市を中心に農業の情報発信を手掛ける「プロダクトリング」(同市東区、山本洋士代表)が、子育て世代の母親をターゲットにした農業体験に参加できる予約サイトを開設した。生産者と母親をつなげながら、本県の食の魅力を発信している。
 サイトは「mamatonoen.com」。「ママと農園」と「ママとの縁」を掛け合わせた。運営担当者の玉置麻菜美さん(31)は2児の母。「家庭の食を支える母親と農家との間に距離を感じていた。もっと身近になれば食卓も地域への愛着も変わるはず」と強調する。
 野菜農家や畜産家など約20人がサイトの企画段階から参画。ヤママツ鈴木農園(同市西区)の鈴木成典さん(47)は2月上旬、「畑は近づきにくい」という印象を変えようと、ハーブや根菜などを栽培する畑で初の収穫会を開いた。
 主婦にとって普段目にする機会が少ない香草類の畑で、鈴木さんは調理例などを紹介しながら母子など8組の参加者と交流した。
 3歳と1歳の子どもがいるユン・チヒャンさん(34)=同市中区=は「作物をその場で味わい食の安全性を実感した。生産者の人柄も伝わり、魅力が増した」と話した。鈴木さんも「消費者の声を聞けて励みになった」と笑顔で語った。
 サイトでは、生産者や料理人と農産品を使った新商品を考案する「ママンマーケティング」の参加も受け付けている。母親目線で農業の6次産業化を後押しする。
 玉置さんは「母親たちの声が生産者のやる気を高める。その循環を広げ、農業を盛り上げたい」と話す。

このほかの記事

Pick up イチオシ情報

静岡市葵区牛妻

うしづまチーズ工場&CAFE Chestar House(カフェチェスターハウス)

静岡市では珍しい“チーズ工場”が誕生。併設カフェでは、チーズやホエイを生かした料理&スイーツが人気です。

静岡市葵区黒金町

静岡ゴールデン横丁 洋風バル ハンプルク 

30社100種のビールが季節に合わせておもてなし。ソーセージとビールで乾杯!

浜松市中区常盤町

High Meal(ハイミール)

こだわりの空間で本格ハンバーガーと極上赤身ステーキを用意しています。

静岡市葵区千代田

大人の洋食屋 Restaurant SAHARA(サハラ)

じっくり手をかけた料理が人気の、気取りのない洋食店。誰もが大好きな洋食をワインと共にお楽しみください。

沼津市井出

蓮興寺 第18回観蓮会

観蓮会/2018年6月30日(土)花の見頃/6月中旬~7月下旬

小山町湯船

第9回金太郎産湯の郷・湯船あじさいまつり

2018年6月23日(土) アジサイの見頃/6月中旬~下旬 ホタル観賞/6月中旬~下旬

藤枝市

ビーズマルシェ2018 シンプル服が輝くアクセサリー

2018年6月19日(火)~23日(土)

静岡市清水区三保

三保松原キャンドルナイト「あかりともるよる」

2018年6月23日(土)

NEWS PAPER

見開き特集面 6月15日号

SNS

Facebook

twitter

LINE

こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」