こち女ニュース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

子育て世代の農業体験応援 浜松の企業が予約サイト

(2018/3/8 11:00)
ハーブの収穫を楽しむ母親ら=2月上旬、浜松市西区のヤママツ鈴木農園
ハーブの収穫を楽しむ母親ら=2月上旬、浜松市西区のヤママツ鈴木農園

 浜松市を中心に農業の情報発信を手掛ける「プロダクトリング」(同市東区、山本洋士代表)が、子育て世代の母親をターゲットにした農業体験に参加できる予約サイトを開設した。生産者と母親をつなげながら、本県の食の魅力を発信している。
 サイトは「mamatonoen.com」。「ママと農園」と「ママとの縁」を掛け合わせた。運営担当者の玉置麻菜美さん(31)は2児の母。「家庭の食を支える母親と農家との間に距離を感じていた。もっと身近になれば食卓も地域への愛着も変わるはず」と強調する。
 野菜農家や畜産家など約20人がサイトの企画段階から参画。ヤママツ鈴木農園(同市西区)の鈴木成典さん(47)は2月上旬、「畑は近づきにくい」という印象を変えようと、ハーブや根菜などを栽培する畑で初の収穫会を開いた。
 主婦にとって普段目にする機会が少ない香草類の畑で、鈴木さんは調理例などを紹介しながら母子など8組の参加者と交流した。
 3歳と1歳の子どもがいるユン・チヒャンさん(34)=同市中区=は「作物をその場で味わい食の安全性を実感した。生産者の人柄も伝わり、魅力が増した」と話した。鈴木さんも「消費者の声を聞けて励みになった」と笑顔で語った。
 サイトでは、生産者や料理人と農産品を使った新商品を考案する「ママンマーケティング」の参加も受け付けている。母親目線で農業の6次産業化を後押しする。
 玉置さんは「母親たちの声が生産者のやる気を高める。その循環を広げ、農業を盛り上げたい」と話す。

このほかの記事

Pick up イチオシ情報

浜松市東区天王町

TRATTORIA GUID(トラットリア グイド)

定番から創作までこだわりパスタを気ままに楽しんで!

静岡市葵区伝馬町

T.W.BRUNCH Cafe & Bar

静岡の魅力がふんだんにつまったアジアンカフェ。静岡茶とワインとカオマンガイ。

熱海市上多賀

COEDA HOUSE(コエダハウス)

アラスカヒノキの角材を49層に積み上げた店内から水平線を一望できる絶景カフェです。

駿東郡長泉町中土狩

かつ榮「長泉茶寮」

御殿場が本店のこだわりのとんかつ専門店「かつ榮」の美味しいとんかつと、和食が一緒に楽しめるお店です。

焼津市鰯ケ島

第2回 ビーチフェスinやいづ2018

2017年9月23日(日・祝)

浜松市南区江之島町

2018石人の星公園秋祭り

2018年9月22日(土)、23日(日・祝)

森町問詰

アクティ森 びっ栗づくしの3日間

2018年9月22日(土)~24日(月・振)

御殿場市

第21回 名画劇場 「星めぐりの町」

2018年9月22日(土)

NEWS PAPER

見開き特集面 9月14日号

SNS

Facebook

twitter

LINE

こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」