こち女ニュース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

ラグビーW杯応援 「リケジョ」と飲食7店連携 開催地・袋井

(2018/1/12 11:00)
完成したパンケーキについて意見を交わす(左から)鈴木彩夏さんと鈴木久美さん、山田樹志さん=2017年12月下旬、袋井市のカフェダイナーコナ
完成したパンケーキについて意見を交わす(左から)鈴木彩夏さんと鈴木久美さん、山田樹志さん=2017年12月下旬、袋井市のカフェダイナーコナ

 2019年ラグビーワールドカップ(W杯)が開催される袋井市で、市民の機運醸成に向けて学生と飲食店が連携し、大会関連メニューの創作に乗り出した。ラグビーW杯に関連付けた商品開発は市内初とみられ、関係者は取り組みの波及に期待を寄せる。
 メニュー開発を手掛けるのは、試合会場となるエコパスタジアム近くの静岡理工科大の学生。女子の学生団体「リケジョカフェ」の1年生5人がW杯を地域活性化につなげようと、同スタジアム最寄りのJR愛野駅周辺を中心に、7店舗の協力を得て企画した。
 昨年末、「カフェダイナーコナ」(同市愛野東)では情報学部の鈴木彩夏さん(19)と鈴木久美さん(19)がオーナーの山田樹志さん(43)と打ち合わせに臨んだ。アイデアを出し合い、完成したのは、日本代表のユニホームやピッチの芝生をイメージしたパンケーキ。他店ではラーメンや丼料理などの商品化が進んでいるという。
 5人は参加店舗をまとめたパンフレットも制作中で、料理とともにW杯開催をアピールする。鈴木彩夏さんは「まだ学生や地域の人たちにW杯開催の雰囲気が広まっていない気がする。メニュー開発を、地元が盛り上がるきっかけにしたい」と意気込む。
 市も学生らの取り組みに注目する。市産業政策課の村田雅俊課長(50)は「食べ物に限らず、さまざまな商品が開発されれば、W杯の機運はおのずと高まってくる」と強調する。
 新メニューの発表は1月下旬を予定し、その後提供が始まる。

このほかの記事

Pick up イチオシ情報

浜松市中区肴町

毎日!北海道物産展 ネオ炉端 道南農林水産部 浜松有楽街店

イクラやタラバ蟹など北海道の美味しいものを毎日入荷!多彩な料理をお楽しみ下さい。

浜松市東区天王町

cafe soco(カフェソーコ)

心地いい店内で体にやさしい料理をお届けします。

静岡市葵区鷹匠

一銀 ichi gin(いちぎん)

だしソムリエの女将が提供する、ほっと心和む料理。充実のワインや日本酒と共に素敵な夜を。

静岡市葵区両替町

Sunny Side Kitchen(サニーサイドキッチン)

充実の料理と、こだわりのウイスキー…。気軽に楽しんでほしい、カジュアルなダイニングバーへようこそ!

伊豆の国市古奈

伊豆長岡温泉 まゆ玉の里

2018年1月22日(月)~3月22日(木)

静岡市駿河区丸子

駿府匠宿 しずおか葵プレミアム展

2018年1月25日(木)~2月6日(火)

伊東市渚町

第24回伊東温泉めちゃくちゃ市

2018年1月27日(土)、28日(日)

袋井市

矢野順子作陶展 「花ごよみ~春を彩るお雛様と器たち~」

2018年1月26日(金)~2月10日(土)

NEWS PAPER

見開き特集面 1月19日号

SNS

Facebook

twitter

LINE

こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」