こち女ニュース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

女性に人気「紙バンド」 富士のメーカー、独自製品で積極発信

(2017/8/11 11:00)
紺屋製紙が販売を始めたマル覚渡辺製茶の煎茶カフェ店内=7月5日、静岡市清水区内
紺屋製紙が販売を始めたマル覚渡辺製茶の煎茶カフェ店内=7月5日、静岡市清水区内
植田産業が発売したブックカバーとティッシュボックス=7月中旬、富士市内の「パピエスミュージアム」
植田産業が発売したブックカバーとティッシュボックス=7月中旬、富士市内の「パピエスミュージアム」

 バッグやかごなどを作る手芸用素材として全国の女性に人気上昇中の「紙バンド」を生産している富士市内の2社が、お茶カフェとタッグを組んだ販売やブックカバーなど独自製品の販売を相次いで始めた。紙バンドの一層の認知度向上を目指す。
 紙バンドは、1本1本の紙ひもをのり付けした帯状の素材。約20年前に手芸用生産で先鞭(せんべん)をつけた植田産業(富士市)によると、米袋用の縛りひもが始まり。篠田和子さん(82)=愛知県=、船岡和夫さん(70)=新潟県=ら紙バンド手芸の先駆者が登場し始め、色、幅(紙ひもの本数)、形状を増やした。現在、主要メーカーは同社と紺屋製紙(同)、望月加工紙(同)、望月紙工業(静岡市清水区)など県勢が占める。
 愛好者の9割が女性という。当初は50代~70代が中心だったが、インターネット交流サイト(SNS)での作品紹介の機会増や手芸品売買サイトへの出品者増を背景に最近は30代まで広がっている。
 「フェイスブックで見たらかわいい。手軽にできそう」。紺屋製紙は4月、マル覚渡辺製茶(静岡市清水区、渡辺美保子社長)の煎茶カフェ内で販売を始めた。会社員西子明美さん(45)は同カフェによる投稿写真を見て体験会に初参加した。

このほかの記事

Pick up イチオシ情報

浜松市中区住吉

ベトナム食堂

ベトナム人シェフが作る本場の味を。厳選されたお酒やドリンクも楽しめる本格ベトナム料理店。

焼津市焼津

Cafe de colombe(カフェドコロンブ)

木と光と花の中で、おいしい食事としあわせなデザートを。そしてたまにはワインを。

浜松市中区砂山町

大衆ビストロ ジモン

レトロ感が漂うカフェのようなお洒落な空間の居酒屋が、駅チカに登場!

三島市一番町

創作cafediningてっぱんや

三島産丹那はこ豚やあしたか牛の鉄板料理が自慢。駿河湾の魚、牛ステーキも自信あり!

浜松市東区

オリジナルジュエリー展

2017年12月13日(水)~19日(火)

沼津市高島本町

2017沼商屋(ヌマショップ)

2017年12月15日(金)・16日(土)

袋井市久能

火防大祭 秋葉の火祭り

2017年12月15日(金)、16日(土)

静岡市葵区

しずおか“おまち”サンタフェスティバル2017

2017年12月16日(土)

NEWS PAPER

見開き特集面 12月8日号

SNS

Facebook

twitter

LINE

こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」