こち女ニュース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

マタニティー制服、軽量警棒… 静岡県警、女性警官の装備改善

(2017/8/8 11:00)
マタニティー制服を着用して業務に当たる鳥居記代子さん=6月上旬、静岡中央署
マタニティー制服を着用して業務に当たる鳥居記代子さん=6月上旬、静岡中央署
捜査車両に乗り込む大川あす香班長(右)=7月28日、静岡市清水区
捜査車両に乗り込む大川あす香班長(右)=7月28日、静岡市清水区

 静岡県警が女性警察官向けに装備品を相次ぎ改良している。妊娠中に着用するマタニティー制服を拡充したほか、警棒を軽量化して扱いやすくした。現場で活躍する女性警察官が増える中、働きやすい環境づくりを進めている。
 「おなか回りがゆったりしていて楽に動けます」。5月からマタニティー制服を着用する静岡中央署地域課の鳥居記代子さん(40)は満足げに話す。
 無線を使い県警本部や交番と事件などのやりとりをするのが主な仕事。立ったり座ったりすることが多いが、腹部を圧迫しないように腰回り部分の素材がゴムになっていて無理なく働けるという。すっきりしたデザインも好みだ。
 県警は1999年、ジャンパースカート型のマタニティー制服を全国の警察でいち早く導入。その後も女性警察官の拡大に伴い制服の数を増やしてきた。現場の女性警察官の要望を受けてズボン型を約40着用意し、昨年から貸し出しを始めた。県警警務課によると、育児休業取得者は毎年80人ほどで、着用する場面が増えそうだ。
 今年5月からは軽量化した警棒の貸与も始めた。通常の警棒(480グラム)より約100グラム軽い。男女の体力差を考慮し、強度を保ったまま女性警察官でも扱いやすくした。女性用の当直室を備えた交番を増やすなど警察施設の整備にも取り組む。
 県警で働く女性警察官は500人余りで、全体の1割近く。性犯罪やドメスティックバイオレンス(DV)の捜査、被害者支援など果たす役割は今後も大きくなるとみられる。県警警務課は「出産や子育ての経験は仕事をする上で強みになる。ハード、ソフト両面でやる気のある職員を後押ししていきたい」としている。

このほかの記事

Pick up イチオシ情報

袋井市豊沢

法多山尊永寺 ごりやくカフェ 一乗庵

土・日・月曜日のランチタイムにだけ開く小さなカフェです。

浜松市東区材木町

style casa(スタイルカーサ)

やわらかい自然光が差し込む開放的なカフェへ、ようこそ。

浜松市北区引佐町谷沢

オリエンタル雑貨・カフェOra(オーラ)

築130年の古民家を改装したオリエンタル雑貨とカフェのお店。里山の風景を眺めながら、ゆっくりとおくつろぎください。

沼津市大手町

地中海ビストロ&創作肉バル ベルサイユのバル

ワインと超炭酸ハイボールが楽しめる、肉料理中心の地中海ビストロ&肉創作バル。

藤枝市

藤枝の風景・エスプリ小品展

2017年10月17日(火)~11月5日(日)

富士市本町

2017 甲子秋まつり(きのえねあきまつり)

2017年10月21日(土)、22日(日)

浜松市中区砂山町

直虎の里 奥浜名湖どうまいまつり

2017年10月20日(金)、21日(土)

伊豆市

菊花彩

2017年10月18日(水)~11月6日(月)

NEWS PAPER

見開き特集面 10月13日号

SNS

Facebook

twitter

LINE

こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」