こち女ニュース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

転勤族の妻「静岡の力に」 2グループが始動

(2015/11/5 11:00)
てんてんカフェで交流する転妻たち。「ペーパードライバーで移動に困る」など出身地方ごとの共通の話題で盛り上がった=10月下旬、静岡市葵区
てんてんカフェで交流する転妻たち。「ペーパードライバーで移動に困る」など出身地方ごとの共通の話題で盛り上がった=10月下旬、静岡市葵区

 キャリアの中断、再就職の壁、慣れない土地での生活、孤独な子育て―。転勤族の夫を持つ“転妻(てんつま)”ならではの葛藤や悩みを分かち合うとともに、それぞれが仕事や転居で培ったスキルを生かして居住地を盛り上げようとする動きが、静岡県内で広がっている。
 6月、転妻の全国組織「転勤族協会(通称・TKT48)」のチーム東海静岡支部が始動した。メンバーは20~40代を中心とした、県内全域の約30人。看護師や保育士、飲食業、アパレル業の経験者など、顔ぶれは多彩だ。これまでにランチ会を開いたが、狙いは転妻同士の交流にとどまらない。
 他県では、「チーム茨城」が水戸市の依頼で「土産物パンフレット」を共同制作するなど、自治体や企業、団体との連携が進んでいる。静岡支部も茨城のように、「県外出身者ならではの視点」を居住地に還元したいと意気込む。
 持ち前のスキルを発揮する場として12月には沼津市で、イラストが得意なメンバーらが講師を務めるワークショップを開く。同支部代表の吉原香穂莉さん(30)=長泉町=は「転居で職を失い、育児を手伝ってくれる家族が近くにいないため、再就職できない転妻も多い。TKTの活動が個々の自信ややりがいにつながれば」と願う。

このほかの記事

Pick up イチオシ情報

静岡市葵区紺屋町

シノワバル Rinoshiyo(リノシヨ)

静岡では珍しい中華バルが紺屋町にオープン!各種アルコールとともに気軽に中華料理を味わえます。

浜松市中区元城町

酒とごはん ぼたん

ヘルシーで身体に優しい!地元野菜をふんだんに使った創作居酒屋。

静岡市駿河区馬渕

食堂 はれのひ

地元静岡の地の物を積極的に使用。和食を中心に気軽に楽しめる定食メニューをご用意しています。

静岡市葵区伝馬町

cancun(カンクン)

ランチは野菜だしのスープカレー専門店、ディナーは野菜ピッツァとプロセッコの店。1つのお店で昼夜異なる料理を提供する新しいスタイルのお店です。

袋井市

月見の里室内楽アカデミー2017 室内楽レッスン 聴講券

2017年8月21日(月)~27日(日)

浜松市浜北区

オリジナルチョコレート体験

2017年8月19日(土)、20日(日)、27日(日)<その他、来月9月週末にも開催>

富士宮市

【夏限定!】富士山のふしぎ&生き物のひみつ

2017年8月22日(火)~26日(土)

静岡市葵区

大塚雅康 花と風景の写真展

2017年8月21日(月)~9月15日(金)

NEWS PAPER

見開き特集面 8月18日号

SNS

Facebook

twitter

LINE

こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」