おサイフ相談

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

不妊治療助成、条件確認を 保険やローンも

(2018/6/16 11:02)

 【Q】30代女性、不妊治療を始めて1年です。高度な治療に進もうと思いますが費用が心配です。公的な助成のほかに保険やローンもあると聞きますが、アドバイスをお願いします。

 【A】不妊治療は高度な治療に進むほど費用がかさみます。治療がうまくいって妊娠、出産となれば、子育て・教育資金もかかるので不妊治療の費用準備も計画的に行う必要があります。
 不妊治療を行う場合、まず検討したいのは公的な助成金です。都道府県を実施主体とする「特定不妊治療費助成制度」は、体外受精や顕微授精が対象で、例えば採卵を伴う治療については、1回当たり15万円を上限(初回は1回30万円を上限)とした給付が受けられます。
 ただし公的な助成金は、利用条件として年齢や収入要件が設けられています。たとえば静岡県の「特定不妊治療費助成制度」の場合は「治療開始日の妻の年齢が43歳未満」という条件を満たさなくてはなりません。また、市区町などで独自の助成制度がある場合もあります。早めに情報を集めて、申し込み手続きを進めておきましょう。
 不妊治療を対象としたローン商品もあります。一般的なカードローンなどよりも金利が低めで、助成金の場合のような出産年齢を考慮した年齢制限はありません。必要金額の振り込みまでの期間が短いので、治療費をローンで支払っておいて助成金が振り込まれたら返済にまわす、という使い方もできるでしょう。
 また、所定の特定不妊治療を受けた場合に給付金が受け取れる生命保険商品も発売されています。ただし不妊治療は誰もが必ず行うものではなく、いくらかかるのかも決まっていません。保険料払込相当額よりも受け取る給付金額が大幅に少ない場合もあることを納得した上で、利用を検討してみてください。  (大林香世・ファイナンシャルプランナー)

このほかの記事

Pick up イチオシ情報

静岡市駿河区大谷

LeiMana cafe(レイマナカフェ)

大学生も、お子様連れもみんな嬉しい癒しのハワイアンカフェ

富士市青島町

ピッツェリア バレ

500度の薪窯で焼き上げる、ナポリピッツァを召し上がれ。

静岡市葵区七間町

モダンダイニング 6

多国籍で近代的な調理法でお食事をご提供。

浜松市北区三方原町

Organic Vege & Meat Vege Tree Cafe(ベジツリーカフェ)

地場野菜、スーパーフードやオリジナルパンケーキが楽しめるカフェダイニング。

静岡市葵区宮ケ崎町

風景を味わう!オクシズ在来市場

2018年9月29日(土)、30日(日)

静岡市清水区入船町

エスパルスドリームプラザ 秋のお菓子フェア

2018年9月22日(土)~10月1日(月)

御殿場市萩原

第35回御殿場市ふれあい広場

2018年9月29日(土)

静岡市清水区三保

第4回アロハ三保フェスティバル2018

2018年9月29日(土)、9月30日(日)

NEWS PAPER

見開き特集面 9月21日号

SNS

Facebook

twitter

LINE

こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」