おサイフ相談

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

投資編(6)投資信託、専門家が運用 手数料などコストも

(2018/3/17 11:00)

 【Q】投資にまつわる初心者向けアドバイスをファイナンシャルプランナーの安藤絵理さん(静岡市)に聞く「マネー曜日」投資編。今回は投資信託についてです。

 【A】投資信託は、多くの投資家から集めたお金をひとつの大きな資金にまとめ、運用の専門家が数十から数百もの株式や債券などに投資する商品で、その運用成果が投資額の割合に応じて投資家に還元されます。
 専門家が運用するので、株式や債券の詳しい知識がない人でも始めやすく、個人では買えなかったり買いにくかったりする海外の株式や債券などへの投資も可能となります。運用環境が悪ければ値下がりして元本割れになることもあります。
 現在、国内で販売されている投資信託は6000本ほどあり、ニーズに合わせて自由に選ぶことができます。分類の仕方は、いろいろありますが、まずは分配金を出すか出さないかで「分配金型」と「無分配型」に分けられます。これから資産形成したい人は、無分配型の方が複利効果があるのでよいでしょう。
 また投資対象資産により分類することもでき、「株式」「債券」「リート」などに分けられます。さらに同じ対象資産でも「国内」なのか「海外」などかでも分類できます。これらがミックスで入っている「バランス型」もあります。
 購入は証券会社や銀行、信用金庫など、ほとんどの金融機関でできます。直販という形で直接、運用会社から購入できるものも一部あります。
 投資信託の特徴は、少額から分散投資できることですが、最近は1000円程度(金融機関により異なる)から投資できるところが多くなっています。
 購入する際には、大きく分けて三つのコストが掛かります。一つ目は購入時に負担する「購入時手数料」。株式投資信託の場合、購入額の1~3.5%程度が一般的ですが、中には無料のものもあります。また個人型確定拠出年金「iDeCo」を通じて購入する場合にはかかりません。
 次に、保有している間、ずっとかかる「信託報酬」。すべての投資信託にかかり、運用成績にかかわらず保有額に応じて日割りで引かれていきます。商品により差があり年率1~2.5%程度です。
 三つ目は、売却時にかかる「信託財産留保額」。商品により、かかるものとかからないものがあります。手数料は目論見書に掲載されているので、きちんと確認しましょう。

このほかの記事

Pick up イチオシ情報

富士市岩本花木立

かぐや岩本山カフェ

かぐや姫の舞台を眺める山の上の絶景カフェ

浜松市浜北区東美薗

中国料理 あじさい

お酒に合う、彩り鮮やかな中華料理をぜひ一度ご賞味ください。

静岡市葵区両替町

Vintage Blue(ビンテージブルー)

夜空に浮かぶ水族館で素敵な時間をお過ごしください。

浜松市中区鍛冶町

Petit ami cafe creperie&brasserie(プティアミカフェ クレープリー&ブラッスリー)

昼はガレットとクレープの専門店。 夜はフレンチ惣菜とお酒を楽しめる街中カフェ。

三島市大社町

大社の杜みしま 裏路地浴衣祭り2018

2018年6月23日(土)

浜松市中区

浜松の染色の型紙-機械染色の型紙を中心として-(6/16~7/1)

2018年6月16日(土)~7月1日(日)

静岡市清水区日の出町

エスパルスマルシェ2018

2018年6月23日(土)

静岡市駿河区谷田

第36回静岡県なつやすみ読書感想画コンクール

2018年9月5日(金)作品必着

NEWS PAPER

見開き特集面 6月15日号

SNS

Facebook

twitter

LINE

こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」