おサイフ相談

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

投資編(2)リスク理解しコントロール「分散、積立、長期」が鍵

(2018/1/20 11:05)

 【Q】資産運用の初心者向けアドバイスをファイナンシャルプランナーの安藤絵理さん(静岡市)に聞くマネー曜日「投資編」。第2回は、運用前に知っておきたいリスクについてです。

 【A】資産を増やすための投資には、必ずリスクも伴います。リスクというと「危険」とか「損をする」というイメージを持つ人が多いのですが、運用の世界では、マイナスだけではなくプラスも含めたブレ幅の大きさを意味します。期待できるリターン(収益)が大きい商品は、半面、下落時には大きなマイナスになる場合もあります。
 商品ごとにリスクの大きさが異なりますので、どの程度リスクを受け入れられるかによって、投資する商品の組み合わせや配分は変わってきます。投資リスクを小さくするためには「分散投資」「積立投資」「長期投資」が有効です。それぞれ説明していきましょう。
 まず分散投資について。運用資産を一つの商品だけで運用した場合、うまくいけば大きなリターンが期待できる一方で、期待通りにいかなかった場合の損失は非常に大きくなってしまいます。
 そこで、一つの投資先に集中させるのではなく、いくつか値動きの違う商品(例えば、株式と、株式が値上がりすると値下がりする債券など)を組み合わせることで、リスクを抑えながら、ある程度のリターンが期待できます。
 次に積立投資の有効性についてです。商品を一度にまとめて購入するよりも、毎月、一定額を投入しながら運用することで、価格変動のリスクを低減することができます。積立投資では、価格が高い時期には少なく、価格が低い時期には多く買いますので(ドルコスト平均法と言います)、投資価格は平準化でき、高値で買ってしまうリスクを避けることができます。
 長期投資については、運用期間を長く取ることで価格のブレ幅が収束し、比較的安定的なリターンが期待できます。また、運用で得た収益を再投資していくことで、複利効果も得られます。
 投資を始める際には、リスクを上手にコントロールして付き合っていきましょう。 (安藤絵理・ファイナンシャルプランナー)

このほかの記事

Pick up イチオシ情報

駿東郡長泉町南一色

クレマチスの麓の珈琲舎

最高品質のコーヒーと器を楽しむ空間

伊東市十足

野菜ソムリエの店 農家カフェ&レストラン風の詩

伊豆の豊かな自然の中で育てた自作の米や野菜をふんだんに活かした農家レストラン。

静岡市葵区羽鳥

C’s Dining EN(シーズダイニング エン)

横浜中華街「萬珍樓」で習得した本格中華に、普段の気軽さと和洋の要素を取り入れた新中華ダイニング!

静岡市葵区伝馬町

cancun(カンクン)

ランチは野菜だしのスープカレー専門店、ディナーは野菜ピッツァとプロセッコの店。1つのお店で昼夜異なる料理を提供する新しいスタイルのお店です。

御殿場市

東山旧岸邸「石川直樹 富士山にのぼる展」

2018年2月21日(水)~4月9日(月)

三島市

フォトアート三島 第23回写真展

2018年2月21日(水)~25日(日)

掛川市西大渕

横須賀城跡公園の梅 <見頃/2月下旬~3月上旬>

2018年2月下旬~3月上旬

浜松市東区小池町

技能祭2018in浜松

2018年2月25日(日)

NEWS PAPER

見開き特集面 2月16日号

SNS

Facebook

twitter

LINE

こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」