おサイフ相談

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

トランプ氏、公約実現が鍵 日本経済への影響

(2016/12/17 11:00)

 【Q】30代会社員。冬のボーナスを機に、投資を始める計画です。来年、アメリカ大統領がトランプ氏になりますが、日本経済への影響が気になります。投資初心者として、どのような動きに注意すればよいでしょうか。

 【A】11月8日の米国大統領選挙でトランプ氏が勝利し、1カ月が経過しました。当初の予想に反し、米国の株は史上最高値更新、長期金利も大幅上昇(債券安)となりました。「トランプ相場」とも言われ、トランプ氏の「米国の10年間の平均成長率を3.5%に高め、最終的には4%まで引き上げる」という公約と、それに伴う大型減税やインフラ投資、規制緩和という政策への期待によるものです。
 日本でも、日米の金利差拡大により、円安ドル高が進み、波及効果で大幅な株高となっています。もともと日本株式は、外部環境の変化に大きく左右される特徴があります。また、今の為替水準が続けば、日本の主力産業である輸出企業にとっては追い風で、実体経済にプラス要因となります。
 日本の株価が上がる前提は企業業績の拡大で、その前提は米国の長期金利上昇を前提にした円安の進行です。トランプ氏の掲げる財政政策が成功すれば、金利上昇が考えられ、インフレへの懸念が台頭すれば、FRB(米連邦準備制度理事会)の利上げペースも早まり、金利差はさらに広がっていくので円安が進む可能性もあります。
 2017年1月20日に、いよいよトランプ新大統領が誕生します。期待と思惑の先取りでマーケットは上昇してきましたが、これらが維持されるためには、公約が実現できるかどうかにかかっています。しかもあまり長期のスパンではなく、就任後、半年程度で、何らかの成果が見えてこないと失望感が高まり、市場の流れが変わる可能性が出てきます。
 トランプ氏には、不動産のカリスマ経営者としての手腕はありますが、政治経験や軍事経験はありません。あまりにも不確定要素が多過ぎて、これからの動向を見守っていくしかありません。専門家でさえ世の中の動きが予測しにくくなっている時代です。どんな状況にも対応できるようにするためには、まずは、自分がリスクをどこまで取れるか見極めた上で、資産分散を心がけることが大切です。 (安藤絵理・ファイナンシャルプランナー)

このほかの記事

Pick up イチオシ情報

浜松市東区笠井町

ビストロベーカリー fukuram(フクラム)

焼きたてパンの美味しさを味わえるベーカリーレストラン

伊東市八幡野

Café Milky(カフェミルキー)

タルティーヌと手作りケーキが自慢のカフェ。伊豆高原の四季折々の景色とともに。

静岡市葵区昭和町

天空の和Dining さわ

静岡の街を見渡す最高の空間で、気軽に板前料理。“ワンランク上の居酒屋ダイニング”をお楽しみください!

下田市三丁目

黒船屋

まごころ込めたおもてなし料理が自慢です。

藤枝市

ビーズマルシェ2018 シンプル服が輝くアクセサリー

2018年6月19日(火)~23日(土)

浜松市北区引佐町奥山

南高梅狩り<梅の杉山園>

2018年6月20日(水)~7月上旬(予定) ※梅がなくなり次第終了

三島市大社町

大社の杜みしま 裏路地浴衣祭り2018

2018年6月23日(土)

沼津市井出

蓮興寺 第18回観蓮会

観蓮会/2018年6月30日(土)花の見頃/6月中旬~7月下旬

NEWS PAPER

見開き特集面 6月15日号

SNS

Facebook

twitter

LINE

こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」