おサイフ相談

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

金利差や残高、残り期間考慮 住宅ローン見直し

(2016/6/4 11:05)

 【Q】 30代女性。夫名義で、変動金利で35年ローンを組んでいます。最近のマイナス金利による住宅ローンへの影響が気になります。

 【A】 マイナス金利になったことで、住宅ローンの金利が下がっています。ローン返済中の人も、借り換えすることで、利息の負担が数十万から数百万円、軽くなることがあります。
 住宅ローンは、大きく分けて、「変動金利」「固定金利選択型」「全期間固定金利」に分けられます。いずれの金利も最低水準で、変動金利にいたっては、5月の適用金利だと0.6~0.9%程度ですので、ついつい「変動金利」に目がいきがちですが、飛びつくのは得策ではありません。特に、残高が多い人や、残り期間が長い人は、将来、金利が上がってくると、再び、返済額がアップしてしまいますので、注意が必要です。10年固定でも0.8~1%程度で借りられるところが多いですし、固定金利の代表的な商品「フラット35」では、5月の平均金利は1.08%でした。金利上昇の心配をせず、安心感を重視したい人には「長期固定」がお薦めです。逆に、借入残高が少なく、残りの年数も短い人であれば「変動金利」でも大丈夫でしょう。
 借り換えを検討する際、(1)元のローンとの金利差が1%以上(借り換え手数料がかからない場合などは0.5%以上)(2)ローン残高が1000万円以上(3)残期間が10年以上の三要件を満たす人は、明らかにお得になります。すべてに当てはまらない場合でも、検討の余地はありますので、まずはシミュレーションしてみましょう。
 借り換え先を決める際には、金利水準だけでなく、保証料や団体信用生命保険料などの諸経費や繰り上げ返済の手数料なども考慮してください。借り換えをするほどではない、また手続きが面倒という人は、今、借りている金融機関に対し「金利を下げてもらう」交渉をするのも一案です。

(安藤絵理・ファイナンシャルプランナー)

このほかの記事

Pick up イチオシ情報

静岡市葵区七間町

Les trois couleurs(トワ クルール)

美味しくて楽しいフレンチレストラン。時間を忘れるような楽しいひと時を演出。

伊東市八幡野

雑貨&カフェ 伊豆高原ローズテラス

バラをテーマにしたかわいいきのこのお家が目印の雑貨&カフェ&ギャラリーのお店です。

下田市三丁目

黒船屋

まごころ込めたおもてなし料理が自慢です。

静岡市葵区七間町

モダンダイニング 6

多国籍で近代的な調理法でお食事をご提供。

富士宮市人穴

盲導犬の里富士ハーネス「キャンドルナイト」

2018年12月15日(土)

浜松市浜北区貴布祢

なゆた・浜北 2018クリスマスコンサート

2018年12月15日(土)

島田市大代岡穂平

ジャンボ干支「亥」親子で登場

2018年12月4日(火)~2019年2月末まで

浜松市天竜区春野町領家

秋葉の火まつり(防火祭)

2018年12月15日(土)、16日(日)

NEWS PAPER

見開き特集面 12月7日号

SNS

Facebook

twitter

LINE

こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」