静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

観光タワー“登り初め” 富士山の日に完成式典 富士・田子の浦

(2018/2/23 17:02)
「富士山の日」に合わせてオープンしたタワーからの眺めを楽しむ川勝平太知事(中央)ら=23日午前、富士市のふじのくに田子の浦みなと公園
「富士山の日」に合わせてオープンしたタワーからの眺めを楽しむ川勝平太知事(中央)ら=23日午前、富士市のふじのくに田子の浦みなと公園

 「富士山の日」の23日、静岡県内各地で富士山にちなんだ行事が行われた。富士市のふじのくに田子の浦みなと公園では同日、新たな交流拠点施設となるシンボルタワーの完成式典に川勝平太知事が出席し、富士山と駿河湾を一望できるタワーからの眺めを楽しんだ。
 川勝知事は「日本のシンボルである富士山に育まれた歴史や文化は地域の宝。施設を地元住民の皆さんとともに多くの人が訪れる場所にしたい」とあいさつ。世界遺産富士山からの恵みを後世に受け継ごうと訴えた。
 式典ではタワーの愛称について、約500点の公募作品の中から同市の男性(73)が考案した「富士山ドラゴンタワー」に決まったと発表。知事らは早速“登り初め”を行い、富士山をイメージして37・76メートルの高さに整備したタワーに上り景色を堪能した。
 公園は田子の浦港でしゅんせつされた土砂の埋め立て処理も兼ねて2006年度から整備を開始。観光客や写真愛好家の人気が高く、タワー完成で全体の整備が終了した。

世界遺産 富士山の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト